本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

海鳥と地球と人間 漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系
綿貫豊

2,970(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2022年01月07日頃
  • 著者/編集:   綿貫豊(著)
  • 出版社:   築地書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  328p
  • ISBN:  9784806716297

商品説明

内容紹介(出版社より)

海上と陸地を自在に行き来する海鳥の、知られざる生態と人間活動との関わり。

恐竜の時代から海洋に進出し適応してきた海鳥。
漁獲量と同じ量を食べる海洋生態系の重要なメンバーだが、
近年急激にその数を減らしている。

海洋生態系を支える海鳥の役割と、漁業による混獲、
化学物質やプラスチックによる海洋汚染、洋上風力発電への衝突事故など、
人間活動が海鳥に与えるストレス・インパクトを、
世界と日本のデータに基づき詳細に解説する。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

恐竜の時代から海洋に進出し適応してきた海鳥。漁獲量と同じ量を食べる海洋生態系の重要なメンバーだが、近年急激にその数を減らしている。海洋生態系を支える海鳥の役割と、漁業による混獲、化学物質やプラスチックによる海洋汚染、洋上風力発電風車への衝突事故など、人間活動が海鳥に与えるストレス・インパクトを、世界と日本のデータに基づき詳細に解説する。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 海鳥の減少とその原因/第2部 漁業活動の影響/第3部 海洋汚染の影響/第4部 繁殖地および海岸におけるかく乱/第5部 海鳥保全の具体的取り組み/第6部 海鳥を利用した海洋生態系の監視

著者情報(「BOOK」データベースより)

綿貫豊(ワタヌキユタカ)
長野県生まれ。北海道大学大学院1987年修了(農学博士)。国立極地研究所助手、北海道大学農学部准教授を経て、北海道大学大学院水産科学研究院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年02月12日 - 2024年02月18日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第3186位(↑) > 動物学:第152位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと16

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ