本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会

脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか? (河出文庫)

759(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 脳科学者の母が、認知症になる記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?(河出文庫)
  • +
  • なぜ、認知症の人は家に帰りたがるのか脳科学でわかる、ご本人の思いと接し方[恩蔵絢子]
  • 脳科学者の母が、認知症になる 記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか? (河出文庫)

759円(税込)

在庫あり

合計 2,519円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

六五歳の母が認知症になったー記憶を失っていく母親の日常を二年半にわたり記録し、脳科学から考察。得意料理が作れない、昔の思い出に支配されるなどの変化を、脳の仕組みから解明してみると!?アルツハイマー病になっても最後まで失われることのない脳の可能性に迫る。メディアでも反響を呼んだ「認知症の見方を一変させる」画期的な書。

目次(「BOOK」データベースより)

1 六五歳の母が、アルツハイマー型認知症になった(母が認知症になるはずがない/病院へ行く決断 ほか)/2 アルツハイマー型認知症とはどういう病気か(認知症の種類/アルツハイマー型認知症のメカニズム ほか)/3 「治す」ではなく「やれる」ことは何かー脳科学的処方箋(海馬の萎縮がもたらすもの/デフォルト・モード・ネットワークを活性化させるには ほか)/4 「その人らしさ」とは何かー自己と他者を分けるもの(依存関係の苦しさ/脳は自己と他者をどう分けるのか ほか)/5 感情こそ知性である(診断から二年半後の母/脳科学における感情の役割 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

恩蔵絢子(オンゾウアヤコ)
1979年、神奈川県生まれ。脳科学者。専門は自意識と感情。2002年、上智大学理工学部物理学科卒業。07年、東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士課程修了(学術博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(17件)

総合評価
 4.12

ブックスのレビュー(1件)

  • 勉強になりました
    がおり4459
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2023年04月21日

    ためになった。やはり認知症になっても、その人らしく生活出来るといいなと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年06月03日 - 2024年06月09日)

     :第-位( - ) > 文庫:第-位( - ) > 人文・思想・社会:第6443位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    2. 2
      よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続(8)
      よって件のごとし 三島屋変調百物語八之…

      宮部 みゆき

      1,056円(税込)

    3. 3
      黒牢城
      黒牢城

      米澤 穂信

      1,056円(税込)

    4. 4
      新 本所おけら長屋(一)
      新 本所おけら長屋(一)

      畠山健二

      836円(税込)

    5. 5
      警察庁長官を撃った男
      警察庁長官を撃った男

      鹿島 圭介

      693円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ