本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > パソコン・システム開発 > その他

「強化学習」を学びたい人が最初に読む本
伊藤 真

3,190(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年11月22日頃
  • 著者/編集:   伊藤 真
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  408p
  • ISBN:  9784296110360

よく一緒に購入されている商品

  • 「強化学習」を学びたい人が最初に読む本[伊藤真]
  • +
  • ディープラーニングAIはどのように学習し、推論しているのか[立山秀利]
  • 「強化学習」を学びたい人が最初に読む本
  • 伊藤 真

3,190円(税込)

在庫あり

合計 5,830円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

「強化学習」とは、簡単に言えば、「試行錯誤によって学習するAI」です。
機械学習の一種で、近年のディープラーニングの発展の恩恵を受け、注目されています。

本書は、基本のアルゴリズムからニューラルネットを使った応用まで、
強化学習の理論と実装がわかる本です。

強化学習がどんな仕組みのAIなのか、
これから学んでみたいという人や
興味はあるけれど難しそうだと思っている人におすすめです。

【本書の特徴】

●強化学習の難解な理論をやさしく解説
難しい用語や数式は、高校数学の知識があれば理解できるように一歩一歩説明します。教師あり学習やニューラルネットワークなど、機械学習の前提知識も解説しています。

●画面上のロボットを動かすことで直観的に理解
強化学習の問題や学習結果は、画面上のロボットが動くアニメーションで確認できます。プログラムを実行するための環境構築や操作方法の説明があるので、すぐに動かすことができます。

●Pythonで強化学習のプログラムを改良
サンプルプログラムは軽量で、一般的なPC(GPUなどが装備されたPCは不要)で動かせます。強化学習のライブラリは使用せずに実装されており、ブラックボックス化されていないのでアルゴリズムがよくわかります。本書では、サンプルプログラムを自分で改良するためのポイントや、Pythonの基本、主要ライブラリ(NumPy、matplotlib、OpenCV、TensorFlow)の一部の使い方を紹介しています。
1章 強化学習の位置づけ
2章 Pythonの環境構築
3章 教師あり学習
4章 強化学習の問題設定
5章 基本のQ学習:tableQ
6章 ニューラルネットQ学習: netQ
7章 経験再生を取り入れたQ学習: replayQ、targetQ
8章 改良と工夫

講座A Visual Studio Codeのインストールと使い方
講座B Pythonの基本

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと9

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ