ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 楽譜 > ピアノ > その他
  • ピアノが上達するコード・スケールの使い方もっと早く知りたかった[横岡ゆかり]
  • ピアノが上達するコード・スケールの使い方もっと早く知りたかった[横岡ゆかり]
  • ピアノが上達するコード・スケールの使い方もっと早く知りたかった[横岡ゆかり]
  • ピアノが上達するコード・スケールの使い方もっと早く知りたかった[横岡ゆかり]
  • ピアノが上達するコード・スケールの使い方もっと早く知りたかった[横岡ゆかり]
ピアノが上達するコード・スケールの使い方もっと早く知りたかった[横岡ゆかり]
  • Googleプレビュー

ピアノが上達するコード・スケールの使い方 もっと早く知りたかった
横岡ゆかり

1,430(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍版

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年12月13日頃
  • 著者/編集:   横岡ゆかり
  • 出版社:   自由現代社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  112p
  • ISBN:  9784798225043

商品説明

内容紹介

1:【Prologue コード・スケールの丸暗記は大変、ルールを覚えて賢く使うために・・・】
2:基本の用語 その1『音名』
3:基本の用語 その2『キー(調)』
4:基本の用語 その3『スケール』
5:基本の用語 その4『度数』コードやスケール、キー等を理解するために必須の知識
6:基本の用語 その5『ルート(根音)』
7:【Chapter1 使用頻度の高い5つのコードをマスターしよう!】
8:SECTION1 全てのコードは3度が基本だった!
9:SECTION2 アルファベット1文字で表すコード
10:SECTION3 音の流れを変えて、自然な響きの伴奏にしよう
11:SECTION4 mが付くコードは暗い響き!
12:SECTION5 カフェで流れるようなオシャレ曲は、こんなコードを使ってる
13:SECTION6 ジャズやボサノバ等では当たり前の定番コード
14:【Chapter2 実践的なコードの弾き方】
15:SECTION1 コードは全ての音を押さえなくて良い!?
16:SECTION2 伴奏・ソロピアノで使える上級コード奏法
17:SECTION3 ヴォーカル伴奏、バンド演奏等で使えるコード奏法
18:SECTION4 テンション・コードをカンタンに押さえたい!
19:SECTION5 ラクして名曲っぽい雰囲気にする方法
20:SECTION6 スタイル別コード奏法
21:【Chapter3 スケールを使いこなそう】
22:SECTION1 どんな名曲でもスケールが元になっている!
23:SECTION2 民俗的な香りが漂うメロディ
24:SECTION3 ペンタトニック+1音でブルースに!
25:SECTION4 作曲・アレンジをするための基礎知識
26:SECTION5 ヴォーカルのキーに合わせてキーを変更し、伴奏しよう
27:SECTION6 自分でコード進行を作るには?
28:SECTION7 様々な雰囲気(ジャジー・スパニッシュ等)を持つスケールを弾こう
29:SECTION8 ジャズ等のソロ・フレーズで聴くことができるスケール達
30:【Chapter4 効果的なアレンジのためのコード・テクニック】
31:SECTION1 スケールとリンクするコード達
32:SECTION2 メロディにハモリをつけるテクニック
33:SECTION3 ポップス・ジャズでよく使われるコード進行のアレンジ

内容紹介(出版社より)

無数にあるコードとスケールの覚え方、そして“使い方”をピアノを弾きながら学べる本。
このコード理論・スケールを覚えると、何ができるかが明確に示されているので、音楽の知識を“ただの暗記”にせずに学ぶことができる。
優しく学べるように実際の曲を例にしているので、弾きながら楽しみながら実践できる。

【コンテンツ】
●Prologue コード・スケールの丸暗記は大変、ルールを覚えて賢く使うために…
基本の用語 その1『音名』
基本の用語 その2『キー(調)』
基本の用語 その3『スケール』
基本の用語 その4『度数』コードやスケール、キー等を理解するために必須の知識
基本の用語 その5『ルート(根音)』

●Chapter1 使用頻度の高い5つのコードをマスターしよう!
  SECTION1 全てのコードは3度が基本だった!
SECTION2 アルファベット1文字で表すコード
SECTION3 音の流れを変えて、自然な響きの伴奏にしよう
SECTION4 mが付くコードは暗い響き!
SECTION5 カフェで流れるようなオシャレ曲は、こんなコードを使ってる
SECTION6 ジャズやボサノバ等では当たり前の定番コード

●Chapter2 実践的なコードの弾き方
SECTION1 コードは全ての音を押さえなくて良い!?
SECTION2 伴奏・ソロピアノで使える上級コード奏法
SECTION3 ヴォーカル伴奏、バンド演奏等で使えるコード奏法
SECTION4 テンション・コードをカンタンに押さえたい!
SECTION5 ラクして名曲っぽい雰囲気にする方法
SECTION6 スタイル別コード奏法

●Chapter3 スケールを使いこなそう
SECTION1 どんな名曲でもスケールが元になっている!
SECTION2 民俗的な香りが漂うメロディ
SECTION3 ペンタトニック+1音でブルースに!
SECTION4 作曲・アレンジをするための基礎知識
SECTION5 ヴォーカルのキーに合わせてキーを変更し、伴奏しよう
SECTION6 自分でコード進行を作るには?
SECTION7 様々な雰囲気(ジャジー・スパニッシュ等)を持つスケールを弾こう
SECTION8 ジャズ等のソロ・フレーズで聴くことができるスケール達

●Chapter4 効果的なアレンジのためのコード・テクニック
SECTION1 スケールとリンクするコード達
SECTION2 メロディにハモリをつけるテクニック
SECTION3 ポップス・ジャズでよく使われるコード進行のアレンジ

目次(「BOOK」データベースより)

Prologue コード・スケールの丸暗記は大変、ルールを覚えて賢く使うために…(基本の用語その1『音名』/基本の用語その2『キー(調)』 ほか)/1 使用頻度の高い5つのコードをマスターしよう!(全てのコードは3度が基本だった!/アルファベット1文字で表すコード ほか)/2 実践的なコードの弾き方(コードは全ての音を押さえなくて良い!?/伴奏・ソロピアノで使える上級コード奏法 ほか)/3 スケールを使いこなそう(どんな名曲でもスケールが元になっている!/民俗的な香りが漂うメロディ ほか)/4 効果的なアレンジのためのコード・テクニック(スケールとリンクするコード達/メロディにハモリをつけるテクニック ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

横岡ゆかり(ヨコオカユカリ)
東京生まれ。5歳から8歳ごろまでクラッシックピアノを習う。高校でギターをはじめ、早稲田大学在学中はロックバンドのギタリストとして学内外で演奏をする。20代半ば、キーボードに転向、ブライダルのオルガン奏者の仕事につく。その後、ピアニストとして都内や横浜を中心にホテルやラウンジ、レストランでのBGM演奏をはじめ、政界人パーティーや、各種ディナーショー、イベントやライブなど、ソロからビッグバンドまで演奏形態を問わず多くのステージを経験する。ジャズ以外にもシャンソン、ハワイアン、ソウル、ロック等、さまざまなバンドのサポートメンバーとして参加、現在ジャンルを問わず幅広く演奏活動中。また、カルチャースクールの講師としてジャズ・ピアノの指導もおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと16

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:楽譜

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ