本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > ノンフィクション > ノンフィクション(外国)

絶縁家族 終焉のとき 試される「家族」の絆
橘さつき

1,760(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年12月09日頃
  • 著者/編集:   橘さつき(著)
  • 出版社:   さくら舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  248p
  • ISBN:  9784865813234

商品説明

内容紹介(出版社より)

親子ほど不可解で答えのない関係はない!

2021年5月6日、NHK「クローズアップ現代+」が、家族問題をテーマにした「親を棄ててもいいですか?〜虐待と束縛を越えて〜」を放送し、SNS上で大きな反響を呼んだ。これは、家族関係に悩み、絶縁状態に苦しんでいる人がいかに多いかを示すものだった。

親子愛・家族愛信仰が強固な日本では、親子の縁は容易く切れるものではない。親からの虐待、ネグレクト、過干渉や束縛に悩んできた40代、50代の人が老いた親から解放されたくても、親も社会も子が親の面倒をみるのは当然と考えている。 

問題を抱えた家族とその葬送について7年にわたり取材を重ねてきた著者が、“絶縁家族”の実態と、絶縁状態のまま家族の死を迎えた人の苦悩を浮き彫りにするノンフィクション。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

親子ほど不可解で危険で、答えのない関係はない!「自分の死を家族に知らせないで」という余命3カ月の女性、父の葬式に出ることを拒まれる長女、ヤクザだった父の死を受け止める息子ー。“絶縁家族”の実態と、絶縁状態のまま家族の死を迎えた人の苦悩を浮き彫りにするノンフィクション!

目次(「BOOK」データベースより)

序章 多くの人が“家族”に苦しんでいる/第1章 絶縁家族のおみおくり/第2章 絶縁家族の乾いた別れ/第3章 絶縁の彼方に見たもの/第4章 悩める家族を救うお助け人/第5章 「弔う」ことの意味を求めて

著者情報(「BOOK」データベースより)

橘さつき(タチバナサツキ)
1961年、東京に生まれる。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。日本葬送文化学会常任理事。自身に起きた問題をきっかけに、問題を抱えた家族の葬送を取材。「これからの家族の在り方と葬送」をテーマに執筆を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.40

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと13

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2024年 7月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 7月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために 観心本尊抄(第2版)
      電子書籍世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために…

      創価学会教学部

      719円(税込)

    3. 3
      オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム 公式余韻本
      電子書籍オードリーのオールナイトニッポン in 東…

      オードリー

      2,420円(税込)

    4. 4
      職場を腐らせる人たち
      電子書籍職場を腐らせる人たち

      片田珠美

      935円(税込)

    5. 5
      大白蓮華 2024年 6月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 6月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ