本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 宗教・倫理 > 倫理学
  • 21世紀の道徳学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える(犀の教室)[ベンジャミン・クリッツァー]
  • 21世紀の道徳学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える(犀の教室)[ベンジャミン・クリッツァー]
21世紀の道徳学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える(犀の教室)[ベンジャミン・クリッツァー]
  • Googleプレビュー

21世紀の道徳 学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える (犀の教室)
ベンジャミン・クリッツァー

1,980(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 21世紀の道徳学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える(犀の教室)[ベンジャミン・クリッツァー]
  • +
  • 暇と退屈の倫理学(新潮文庫)[國分功一郎]
  • 21世紀の道徳 学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える (犀の教室)
  • ベンジャミン・クリッツァー

1,980円(税込)

在庫あり

990円(税込)

在庫あり

合計 2,970円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

現代哲学を「政治的正しさ」の呪縛から解放する快著
──帯文・東浩紀

ポリティカル・コレクトネス、差別、格差、ジェンダー、動物の権利……いま私たちが直面している様々な問題について考えるとき、カギを握るのは「道徳」。進化心理学をはじめとする最新の学問の知見と、古典的な思想家たちの議論をミックスした、未来志向とアナクロニズムが併存したあたらしい道徳論。「学問の意義」「功利主義」「ジェンダー論」「幸福論」の4つのカテゴリーで構成する、進化論を軸にしたこれからの倫理学。

哲学といえば、「答えの出ない問いに悩み続けることだ」と言われることもある。だが、わたしはそうは思わない。悩み続けることなんて学問ではないし、答えを出せない思考なんて意味がない。哲学的思考とは、わたしたちを悩ませる物事についてなんらかのかたちで正解を出すことのできる考え方なのだ。(…)
この本のなかでは、常識はずれな主張も、常識通りの主張も、おおむね同じような考え方から導きだされている。それは、なんらかの事実についてのできるだけ正しい知識に基づきながら、ものごとの意味や価値について論理的に思考することだ。これこそが、わたしにとっての「哲学的思考」である。(…)倫理学のおもしろさ、そして心理学をはじめとする様々な学問のおもしろさをひとりでも多くの読者に伝えることが、この本の最大の目的である。(「まえがき」より)

【目次】
■第1部 現代における学問的知見のあり方

第1章 リベラルだからこそ「進化論」から目を逸らしてはいけない
第2章 人文学は何の役に立つのか?
第3章 なぜ動物を傷つけることは「差別」であるのか?

■第2部 功利主義

第4章 「権利」という言葉は使わないほうがいいかもしれない
第5章 「トロッコ問題」について考えなければいけない理由
第6章 マザー・テレサの「名言」と効果的な利他主義

■第3部 ジェンダー論

第7章 フェミニズムは「男性問題」を語れるか?
第8章 「ケア」や「共感」を道徳の基盤とすることはできるのか?
第9章 ロマンティック・ラブを擁護する

■第4部 幸福論

第10章 ストア哲学の幸福論は現代にも通じるのか?
第11章 快楽だけでは幸福にたどりつけない理由
第12章 仕事は禍いの根源なのか、それとも幸福の源泉なのか?

終章 黄金律と「輪の拡大」、道徳的フリン効果と物語的想像力

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ポリティカル・コレクトネス、差別、格差、ジェンダー、動物の権利…いま私たちが直面している様々な問題について考えるとき、カギを握るのは「道徳」。進化心理学をはじめとする最新の学問の知見と、古典的な思想家たちの議論をミックスした、未来志向とアナクロニズムが併存したあたらしい道徳論。「学問の意義」「功利主義」「ジェンダー論」「幸福論」の4つのカテゴリーで構成する、進化論を軸にしたこれからの倫理学。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 現代における学問的知見のあり方(リベラルだからこそ「進化論」から目を逸らしてはいけない/人文学は何の役に立つのか? ほか)/第2部 功利主義(「権利」という言葉は使わないほうがいいかもしれない/「トロッコ問題」について考えなければいけない理由 ほか)/第3部 ジェンダー論(フェミニズムは「男性問題」を語れるか?/「ケア」や「共感」を道徳の基盤とすることはできるのか? ほか)/第4部 幸福論(ストア哲学の幸福論は現代にも通じるのか?/快楽だけでは幸福にたどりつけない理由 ほか)/黄金律と「輪の拡大」、道徳的フリン効果と物語的想像力

著者情報(「BOOK」データベースより)

クリッツァー,ベンジャミン(Kritzer,Benjamin)
1989年京都府生まれ。2014年に大学院(修士)を修了後、フリーターや会社員をしながら、ブログ「道徳的動物日記」を開始(2020年からは「the★映画日記」も開始)。批評家として、倫理学・心理学・社会運動など様々なトピックについての記事をブログやWebメディアに掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(8件)

総合評価
 4.17

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと4

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    2. 2
      生きのびるための事務
      生きのびるための事務

      坂口恭平

      1,760円(税込)

    3. 3
      参政党ドリル
      参政党ドリル

      神谷宗幣

      1,980円(税込)

    4. 4
      新編 人生はあはれなり… 紫式部日記
      新編 人生はあはれなり… 紫式部日記

      小迎 裕美子

      1,320円(税込)

    5. 5
      診療点数早見表 2024年度版
      診療点数早見表 2024年度版

      医学通信社

      5,060円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ