ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

邪馬台国再考 女王国・邪馬台国・ヤマト政権 (ちくま新書 1628)
小林 敏男

902(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年01月07日頃
  • 著者/編集:   小林 敏男
  • レーベル:   ちくま新書
  • 出版社:   筑摩書房
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784480074362

よく一緒に購入されている商品

  • 邪馬台国再考女王国・邪馬台国・ヤマト政権(ちくま新書1628)[小林敏男]
  • +
  • 縄文vs.弥生先史時代を九つの視点で比較する(ちくま新書1624)[設楽博己]
  • 邪馬台国再考 女王国・邪馬台国・ヤマト政権 (ちくま新書 1628)
  • 小林 敏男

902円(税込)

在庫あり

合計 1,914円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

畿内ヤマト国(邪馬台国)と北九州ヤマト国(女王国)は別の国で、卑弥呼は後者の女王だった。長年の歴史学の文献研究に基づき、古代史最大の謎を解き明かす。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

長年にわたり論争となってきた邪馬台国の所在地。考古学では、纒向遺跡の発掘により畿内説で決着したとされるが、歴史学の文献研究では『魏志倭人伝』の記載から九州説が支持されている。本書はこの矛盾の解決を図るべく、畿内ヤマト国(邪馬台国)と北九州ヤマト国(女王国)が併存していたとし、卑弥呼は後者の女王と考える。さらに『日本書紀』『古事記』などの史書や大和朝廷に直接つながるその後の歴史との親和性・連続性も検討し、文献史学と考古学の研究成果の調和を目指す。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 研究史の流れ/第2章 魏志倭人伝の史料論/第3章 卑弥呼像の点検と論点/第4章 行程記事について/第5章 女王国と邪馬台国の併存/第6章 女王国と邪馬台国の性格/第7章 女王国の時代とその行方/第8章 邪馬台国の時代とその行方/おわりにーヤマト王権へ

著者情報(「BOOK」データベースより)

小林敏男(コバヤシトシオ)
1944年長野県生まれ。歴史学者。大東文化大学名誉教授。専門は日本古代史。博士(歴史学)。神戸大学文学部国史学科卒業。東京教育大学大学院文学研究科(日本史学)博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2022年08月01日 - 2022年08月07日)

     :第-位( - ) > 新書:第1659位(↑) > その他:第527位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと10

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ