本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 語学・学習参考書 > 語学学習 > 日本語
  • 最新版論文の教室レポートから卒論まで(NHKブックスNo.12721272)[戸田山和久]
  • 最新版論文の教室レポートから卒論まで(NHKブックスNo.12721272)[戸田山和久]
最新版論文の教室レポートから卒論まで(NHKブックスNo.12721272)[戸田山和久]
  • Googleプレビュー

最新版 論文の教室 レポートから卒論まで (NHKブックス No.1272 1272)
戸田山 和久

1,540(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 最新版論文の教室レポートから卒論まで(NHKブックスNo.12721272)[戸田山和久]
  • +
  • 新版ぎりぎり合格への論文マニュアル(991;991)(平凡社新書)[山内志朗]
  • 最新版 論文の教室 レポートから卒論まで (NHKブックス No.1272 1272)
  • 戸田山 和久

1,540円(税込)

在庫あり

合計 2,508円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

1:■はじめに
2:【I キミは論文って何かを知っているか】
3:■第1章 論文の宿題が出ちゃった!
4:1-1 ヘタ夫くん登場!
5:1-2 とりあえずやるべきことは辞書に投資することだ
6:1-3 剽窃とは何か?それはなぜサイテーの行為であるのか
7:■第2章 論文には「問いと主張と論証」が必要だ
8:2-1 論文とはどんな文章か
9:2-2 論文を書くときに絶対に忘れてほしくないこと
10:■第3章 論文にはダンドリも必要だ
11:3-1 論文を書くときに、豪快さんはチトまずい
12:3-2 [ダンドリその1]課題の趣旨をよく理解しよう
13:3-3 [ダンドリその2]テーマの見取り図になるような資料を探して読む
14:3-4 [ダンドリその3]問題をデッチあげるために基本資料をもう一度読む
15:3-5 [ダンドリその4]問いをきちんと安式化してみる
16:3-6 [ダンドリその5]問題に取り組むための調査を進める
17:3-7 教員とハサミは使いよう
18:■第4章 論文とは「型にはまった」文章である
19:4-1 まずは模倣からアプローチすべし
20:4-2 論文の構成要素は五つ
21:4-3 アブストラクトとは論文の内容を要約したものである
22:4-4 問題提起・主張・論証ー本体では三つのことをやるべし
23:4-5 型に従うことの意味
24:【II 論文の種をまこう】
25:■第5章 論文の種としてのアウトライン
26:5-1 論文は構造化された文章である
27:5-2 論文に構造を与えるためにアウトラインがある
28:5-3 アウトラインは成長し変化する
29:5-4 報告型の課題のためのアウトライン
30:5-5 しかし、そもそもアウトラインをどうやって作るのか
31:5-6 カテゴリーの階層構造
32:■第6章 そもそも論証ってどういうこと?
33:6-1 論証って何だ?
34:6-2 よい論証とダメ論証の違い
35:6-3 妥当な論証形式の例
36:6-4 ちょっと弱い論証形式の例(1)(帰納的論証)
37:6-5 ちょっと弱い論証形式の例(2)(アブダクション・仮説演繹・アナロジー)
38:6-6 論証形式を論文に応用する方法
39:【III 論文を育てる】
40:■第7章 「パラグラフ・ライティング」という考え方
41:7-1 パラグラフと段落の違い
42:7-2 パラグラフの内部構造
43:7-3 ダメなパラグラフ
44:7-4 パラグラフの分割
45:7-5 アウトラインが成長してパラグラフになって、パラグラフが成長して・・・・・・
46:■第8章 わかりやすい文章を書くために
47:8-1 わかりやすけりゃいいのか?
48:8-2 文章怪奇大事典
49:8-3 語の選び方
50:■第9章 最後の仕上げ
51:9-1 注をつけるとカッコイイ
52:9-2 引用の方法
53:9-3 最高に面倒くさいのは参考文献
54:9-4 内容がイマイチならせめて体裁だけでもキレイにしてね
55:9-5 最後にもう一度だけ読んでよ
56:ここまでましになったヘタ夫くんの論文
57:練習問題の解答
58:■巻末豪華五大付録
59:A 論文提出直前のチェックリスト
60:B 論文完成までのフローチャート
61:C ここだけのインサイダー情報:論文の評価基準
62:D 「禁句集」--作文ヘタ夫くんの使いがちな表現トップテン+α
63:E おすすめの図書など
64:■旧版へのあとがき
65:■新版へのあとがき
66:■最新版へのあとがき

内容紹介(出版社より)

累計28万部のロングセラー、最後の大改訂! キミは論文って何かを知っているか? 

「論文書き方本の最終兵器」を10年ぶりにアップデート。主人公は作文のヘタな大学新入生。彼がダメ論文を「Aプラス論文」へ改善するまでのプロセスを追いながら、論文の基本からアウトラインの作り方、草稿のまとめ方、仕上げ方までを伝授する。類書にはないウリとして、主張の説得力を高めるための「論証」のテクニックを分かりやすく解説。さらに、この10年間の環境の変化をふまえて、文献や資料探し、情報検索の方法についてさらに詳しい解説をほどこすほか、明快で読みやすい論文を書くための文章指南パートを大幅増量!


第1章 論文の宿題が出ちゃった!  
第2章 論文には「問いと主張と論証」が必要だ  
第3章 論文にはダンドリも必要だ  
第4章 論文とは「型にはまった」文章である  
第5章 論文の種としてのアウトライン  
第6章 そもそも論証ってどういうこと?  
第7章 「パラグラフ・ライティング」という考え方 
第8章 わかりやすい文章を書くために  
第9章 最後の仕上げ  
巻末豪華五大付録  
  A 論文提出直前のチェックリスト  
  B 論文完成までのフローチャート  
  C ここだけのインサイダー情報:論文の評価基準  
  D 「禁句集」--作文ヘタ夫くんの使いがちな表現トップテン+α 
  E おすすめの図書など 
第1章 論文の宿題が出ちゃった!  
第2章 論文には「問いと主張と論証」が必要だ  
第3章 論文にはダンドリも必要だ  
第4章 論文とは「型にはまった」文章である  
第5章 論文の種としてのアウトライン  
第6章 そもそも論証ってどういうこと?  
第7章 「パラグラフ・ライティング」という考え方 
第8章 わかりやすい文章を書くために  
第9章 最後の仕上げ  
巻末豪華五大付録  
  A 論文提出直前のチェックリスト  
  B 論文完成までのフローチャート  
  C ここだけのインサイダー情報:論文の評価基準  
  D 「禁句集」--作文ヘタ夫くんの使いがちな表現トップテン+α 
  E おすすめの図書など

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「文献・資料探しのコツ」「情報検索の極意」をアップデート、文章指南パートもさらに充実!!

目次(「BOOK」データベースより)

1 キミは論文って何かを知っているか(論文の宿題が出ちゃった!/論文には「問いと主張と論証」が必要だ/論文にはダンドリも必要だ ほか)/2 論文の種をまこう(論文の種としてのアウトライン/そもそも論証ってどういうこと?)/3 論文を育てる(「パラグラフ・ライティング」という考え方/わかりやすい文章を書くために/最後の仕上げ)/巻末豪華五大付録

著者情報(「BOOK」データベースより)

戸田山和久(トダヤマカズヒサ)
1958年、東京都生まれ。89年、東京大学大学院人文科学研究科単位取得退学。専攻は科学哲学。現在、名古屋大学大学院情報学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.89

ブックスのレビュー(1件)

  • 参考になった
    アクセスログ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2023年08月05日

    論理的な主張を行う上で、参考になる内容だった。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年05月06日 - 2024年05月12日)

     :第2542位(↑) > 語学・学習参考書:第378位(↑) > 語学学習:第237位(↑) > 日本語:第139位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ