電車は「心の休憩室」
  • Googleプレビュー

電車は「心の休憩室」 移動時間で「自分」に気づく心理学 (PHP文庫)
加藤諦三

514円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2004年08月
  • 著者/編集:   加藤諦三
  • 出版社:   PHP研究所
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  220p
  • ISBNコード:  9784569662688

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
通勤で、旅行で、里帰りで、私たちは人生の多くの時間を電車の中で過ごします。車窓の景色や車内の乗客を眺めてふと物思いに耽るとき、電車は単なる移動手段ではなく、人生を考える恰好の空間であることに気づきますーこの本は、そんな電車の中で、フッと肩の力を抜いて心を休ませたい人たちのために作りました。“今”を見つめ直し、これからを考えるヒントがいっぱいです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
電車は「心の書斎」/人はそれぞれの過程があって電車に乗る/会社に行きたくない日の朝の電車/毎日通勤地獄で憂鬱になっている人/ビジネスパーソンが悩んで電車に乗る時/劣等感を克服する/左遷された日に電車に乗る/電車で仕事をする/電車の中で自己発見/帰りの電車の中で反省する/電車の中で賢くなる/不快な感情をコントロールする/「この通勤地獄さえなければ」と思っている人

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
加藤諦三(カトウタイゾウ)
1938年、東京に生まれる。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院社会学研究科修士課程を修了。1973年以来、度々、ハーヴァード大学準研究員をつとめる。現在、早稲田大学教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所準研究員、日本精神衛生学会理事、産業カウンセリング学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • (無題)
    jun-two
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年10月08日

    作者は、ラジオの人生相談などで辛辣に答えることの多い人ですが、うつ病関連の本,自己啓発関連の本でも「ガツン」とした意見の多い人です。
    この本の前書きで、なぜか涙がでました。通勤電車に感じること、状況は人それぞれ。そんなシーン別にその時間をうまく利用する方法が書いてありました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

514円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日の名残り
      日の名残り

      カズオ・イシグロ

      820円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】わたしを離さないで
      【入荷予約】わたしを離さないで

      カズオ・イシグロ

      864円(税込)

    3. 3
      遠い山なみの光
      遠い山なみの光

      カズオ・イシグロ

      756円(税込)

    4. 4
      岳飛伝 12 瓢風の章
      岳飛伝 12 瓢風の章

      北方 謙三

      648円(税込)

    5. 5
      サラバ! 上
      サラバ! 上

      西 加奈子

      680円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ