本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

先生、モモンガがお尻でフクロウを脅しています? 鳥取環境大学の森の人間動物行動学
小林朋道

1,760(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2022年02月16日頃
  • 著者/編集:   小林朋道(著)
  • 出版社:   築地書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBN:  9784806716303

商品説明

内容紹介(出版社より)

コウモリは先生の手に包まれていないと食事をせず、
イヌも魚もアカハライモリもワクワクし、
キジバトと先生は鳴き声で通じあう

自然豊かな大学を舞台に起こる
動物と人間をめぐる事件の数々を
人間動物行動学の視点で描く

大人気、先生!シリーズ。
どの巻から読んでも楽しめます。
はじめに

私の手に包まれていないと餌を食べないユビナガコウモリの話
鍵は「ニオイ」だ!と思いたい

ニホンモモンガの尻の模様は、天敵の攻撃をためらわせる目玉模様か?
実験? やってみましたよ………

なぜヤギには顎鬚(あごひげ)があるのか?
………………

洞窟内冬眠時のキクガシラコウモリの秘密
繁殖成獣は、非繁殖獣を押しのけて密集コロニーをつくる!ようだ

イヌだってオイカワだってアカハライモリだってワクワクする!?
「ワクワク感」の動物行動学、ちょっと理屈っぽいけど

子モモンガは、成長のある時点からフクロウの鳴き声に反応するようになる
どの時点から?………なるほど!

父から受けついだ山にニホンヤマネ母子がいた話
思い出に囲まれた

カルガモのヒナを救ってやれなかった
「カルガモという動物の世界の理解!」を忘れたからだ

キジバトPiがいた夏
明らかに私の“鳴き声”に合わせて鳴いたのだ。
動物行動学的にもじつに興味深い

内容紹介(「BOOK」データベースより)

自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を人間動物行動学の視点で描く。

目次(「BOOK」データベースより)

私の手に包まれていないと餌を食べないユビナガコウモリの話/ニホンモモンガの尻の模様は、天敵の攻撃をためらわせる目玉模様か?/なぜヤギには顎鬚があるのか?/洞窟内冬眠時のキクガシラコウモリの秘密/イヌだってオイカワだってアカハライモリだってワクワクする!?/子モモンガは、成長のある時点からフクロウの鳴き声に反応するようになる/父から受けついだ山にニホンヤマネ母子がいた話/カルガモのヒナを救ってやれなかった/キジバトPiがいた夏

著者情報(「BOOK」データベースより)

小林朋道(コバヤシトモミチ)
1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師。2005年教授。2015年より公立鳥取環境大学に名称変更。専門は動物行動学、進化心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(7件)

総合評価
 3.83

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年02月19日 - 2024年02月25日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第6219位(↑) > 動物学:第316位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ