本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 建築学

現代建築宣言文集[1960-2020]
五十嵐 太郎

3,300(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2022年02月02日頃
  • 著者/編集:   五十嵐 太郎(編), 菊地 尊也(編)
  • 出版社:   彰国社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  432p
  • ISBN:  9784395321735

商品説明

内容紹介(出版社より)

本書は、1960年のメタボリズムから2020年まで、現代の建築概念を揺るがしてきた建築家や批評家による50の言説を再録・解読するアンソロジーである。各言説には、五十嵐太郎、菊地尊也ほか東北大学五十嵐研究室による解説文も掲載。

約半世紀にわたる言説の蓄積を振り返ることで、現代の位置を確かめ、未来につなぐ。
〇1960年代 メタボリズム/東京計画1960/都市破壊業KK/「美観条例」は不毛である 他
〇1970年代 神殿か獄舎か/都市ゲリラ住居/街路の記号論/奥の思想/街並みの美学  他
〇1980年代 建築と文化/機能から様相へ/消費の海に浸らずして新しい建築はない 他
〇1990年代 あいまいもこ/コミュニケーションが開く建築/非作家性の時代に 他
〇2000年代 粒子へ砕く事/アクティビティと空間/「原っぱ」と「遊園地」/建築の四層構造 他
〇2010年代 地域社会圏モデル/建築とは〈からまりしろ〉をつくることである/ザハ、無念 他

内容紹介(「BOOK」データベースより)

1960年の「メタボリズム」から約半世紀、現代建築の概念を揺るがしてきた50の言説を再録・解読!

目次(「BOOK」データベースより)

はじめに 言葉が牽引した現代建築の歴史/一九六〇年代 未来都市を構想する建築家/一九七〇年代 立ち止まって内省する社会/一九八〇年代 ポストモダンと歴史の再考/一九九〇年代 建築と都市の言説を開く/二〇〇〇年代 グローバリゼーションの到来/二〇一〇年代 変動する社会のなかで考える

著者情報(「BOOK」データベースより)

五十嵐太郎(イガラシタロウ)
建築史・理論研究。1967年、パリ生まれ。東京大学大学院修了。博士(工学)。現在、東北大学院教授。第六四回芸術選奨文部科学大臣新人賞、2018年日本建築学会教育賞。ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展二〇〇八日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ二〇一三芸術監督。「戦後日本住宅伝説」展、「Quand La Forme Parles」展、「Windowology」展などを監修・キュレーション

菊地尊也(キクチタツヤ)
建築表現論・展示研究。1986年、岩手県生まれ。2009年、東北大学工学部建築・社会環境工学科卒業。2013年、同大学大学院修士課程修了。修士(工学)。現在、同大学大学院博士課程(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ