楽天モバイルなら最新のiPhoneが最安"
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理

「それから」の大阪 (集英社新書)
スズキナオ

924(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2022年02月17日頃
  • 著者/編集:   スズキナオ(著)
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784087212037

商品説明

内容紹介(出版社より)

大阪は「密」だからこそ魅力的だった。
そんな大阪の町はこれから変わってしまうのか、それとも、変わらないのか──。
2014年に大阪に移住した著者が「コロナ後」の大阪を歩き、人に会う。
万博開催予定地、40年の営業に幕を下ろす立ち飲み店、閑散とした道頓堀界隈、自粛要請に振り回される屋台店主、ベトナムに帰れず大阪で1年以上を過ごすアーティスト、町を練り歩くちんどん行列、新世代の大衆酒場、365日朝6時から営業する銭湯、ド派手な巨大看板をつくる工芸店……。
非常時を逞しく、しなやかに生きる大阪の町と人の貴重な記録。

【目次】
第1章 天満あたりから歩き始める
第2章 万博開催予定地の「夢洲」を遠くから眺める
第3章 大阪の異界「石切さん」は“西の巣鴨"か
第4章 西九条の立ち飲み「こばやし」最後の日々
第5章 コロナ禍の道頓堀界隈を歩く
第6章 屋台も人も消えた、今宮戎神社の「十日戎」
第7章 夢の跡地「花博記念公園」の今
第8章 船場の昔と「船場センタービル」
第9章 中止と再開を繰り返す四天王寺の縁日
第10章 ベトナムに帰れぬ日々を過ごすアーティスト
第11章 緊急事態宣言明けの西成をゆく、ちんどん行列
第12章 “自分たち世代の大衆酒場"を追求する「大衆食堂スタンドそのだ」
第13章 朝6時から365日営業し続ける銭湯「ユートピア白玉温泉」の今
第14章 道頓堀を立体看板でド派手に彩る「ポップ工芸」

【著者プロフィール】
スズキナオ
1979年東京生まれ、大阪在住のフリーライター。ウェブサイト『デイリーポータルZ』などを中心に散歩コラムを執筆中。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』『遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ』(スタンド・ブックス)、『関西酒場のろのろ日記』(ele-king books)、『酒ともやしと横になる私』(シカク出版)など。酒場ライター・パリッコとの共著に『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』(ele-king books)などがある。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

大阪は「密」だからこそ魅力的だった。そんな大阪の町はこれから変わってしまうのか、それとも、変わらないのかー。著者は「コロナ後」の大阪を歩き、人に会う。万博開催予定地、四〇年の営業に幕を下ろす立ち飲み店、閑散とした道頓堀界隈、自粛要請に振り回される屋台店主、ベトナムに帰れず大阪で一年以上を過ごすアーティスト、町を練り歩くちんどん行列、新世代の大衆酒場、三六五日朝六時から営業する銭湯、ド派手な巨大看板をつくる工芸店…非常時を逞しく、しなやかに生きる町と人の貴重な記録。

目次(「BOOK」データベースより)

天満あたりから歩き始める/万博開催予定地の「夢洲」をあちこちから眺める/大阪の異界「石切さん」は“西の巣鴨”か/西九条の立ち飲み「こばやし」最後の日々/コロナ禍の道頓堀界隈を歩く/屋台も人も消えた、今宮戎神社の「十日戎」/夢の跡地「花博記念公園」の今/船場の昔と「船場センタービル」/中止と再開を繰り返す四天王寺の縁日/ベトナムに帰れぬ日々を過ごすアーティスト/緊急事態宣言明けの西成をゆく、ちんどん行列/“自分たち世代の大衆酒場”を追及する「大衆食堂スタンドそのだ」/朝6時から365日営業し続ける銭湯「ユートピア白玉温泉」の今/道頓堀を立体看板でド派手に彩る「ポップ工芸」/おわりにー「それから」の大阪の「それから」

著者情報(「BOOK」データベースより)

スズキナオ
1979年東京生まれ、フリーライター。ウェブサイト『デイリーポータルZ』などを中心に散歩コラムを執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.86

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    jpwkj
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年04月08日

    筆者は大阪に何年間か住んで、色々と自ら親しんでいるような場所や催事というモノを持っている。主にそれらに関しての「以前」と「それから」とを比べながら、関わる人達の話しを聴き、実際に訪ねて現場を観て、そこで見受けられたことから感じた、考えたという事柄を綴っている。各章で取り上げている内容は、何れもなかなかに興味深い。
    各章の内容は筆者にかなり引き寄せた感じであって、と言ってのめり込んでいるのでもなく、だからと言って突き放しているという感じでもない。「平熱の大阪」との程好い距離感で綴られている。
    本書を読んでいると、筆者と何処かで出くわして「大阪で活動中…こういう気に入っているモノが在って、以前は…それが最近は…」というような調子の御話しをゆっくりと伺っているかのような気分にもなる。
    読後に思ったのは、本書の内容は所謂“世相史”、“風俗史”というようなことで「少し先の時代の史料」にもなり得るというようなことである。
    自身は「一定程度親しんでいる」という程度に大阪を知っている(つもり)かもしれないが、本書は「大阪?如何いう感じ?」と少しでも興味を覚える方なら、何方でも愉しめると思う。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      馬渕睦夫が読み解く 2024年世界の真実
      馬渕睦夫が読み解く 2024年世界の真実

      馬渕 睦夫

      1,100円(税込)

    2. 2
      ニッポンが壊れる
      ニッポンが壊れる

      ビート たけし

      1,034円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】大常識
      【入荷予約】大常識

      百田 尚樹

      880円(税込)

    4. 4
      高学歴難民
      高学歴難民

      阿部 恭子

      990円(税込)

    5. 5
      昭和の青春 日本を動かした世代の原動力
      昭和の青春 日本を動かした世代の原動力

      池上 彰

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ