アンコウの顔はなぜデカい
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

アンコウの顔はなぜデカい (Nature discovery books)
鈴木克美

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2004年09月
  • 著者/編集:   鈴木克美小林安雅
  • 出版社:   山と渓谷社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  112p
  • ISBNコード:  9784635063418

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アンコウの顔はなぜデカい?毒針をもつイソギンチャクの中でクマノミだけはなぜ安全?2枚しか歯がないハリセンボン、魚の掃除屋など、海に暮らす生きものたちの驚きに満ちたなぞにせまる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 環境がつくる魚の顔のかたち(サンゴ礁のスター チョウチョウウオ/生きものたちの海/かくれんぼからはじまる稚魚の生活/家をつくる・入る・守る)/2 いっしょにくらす(かくれ場所みつけた/いっしょにくらせば心強い/ホンソメワケベラはグレートな掃除魚です/家族みんなの理想の家/意外なところに敵がいた)/3 魚の顔はなぜおもしろい(「魚の顔は証明書」/海にはえさがいっぱい/大きな口はこわい口/死んだ魚はどこへ消える?/アンコウの顔はなぜデカい?)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木克美(スズキカツミ)
1934年、静岡県生まれ。東海大学名誉教授。農学博士。東京水産大学を卒業後、江ノ島水族館に入社。金沢水族館と東海大学海洋科学博物館の設立にかかわり、海に潜って生きている魚の姿を観察する先駆的な研究者としても活躍。海洋博物館館長を退任後の現在は、水族館学の構築に情熱を傾けている

小林安雅(コバヤシヤスマサ)
1956年、東京都生まれ。法政大学社会学部を卒業後、日本水中映像、益田海洋プロダクション映像部を経て独立。海洋生物の生態をとらえた写真には定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,728円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ