コミックセット大特集
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 林業・水産業

樹木の恵みと人間の歴史 石器時代の木道からトトロの森まで
ウィリアム・ブライアント・ローガン

3,520(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

古来、人間は、木を伐ることで樹木の無限の恵みを引き出し、利用してきた。

英国の沼沢地の萌芽更新による枝を使った石器時代の木道、
スペインの12世紀の手入れされたナラの林、
16世紀のタラ漁船のための木材づくり、
野焼きによって森を育んだ北アメリカの先住民、日本の里山萌芽林。

米国を代表する育樹家が、世界各地を旅し、
1万年にわたって人の暮らしと文化を支えてきた樹木と人間の伝承を掘り起こし、
現代によみがえらせる。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

古来、人間は、木を伐ることで樹木の無限の恵みを引き出し、利用してきた。牛、豚、羊の飼料、英国の沼沢地の萌芽更新による枝で編んだ石器時代の木道、スペインの一二世紀の手入れされたナラの林、一六世紀のタラ漁船のための木材づくり、野焼きによって森を育んだ北アメリカの先住民、日本の萌芽林。ニューヨーク植物園の育樹家が、世界各地を旅し、一万年にわたって人の暮らしと文化を支えてきた樹木を収穫する技術を掘り起こし、現代によみがえらせる。

目次(「BOOK」データベースより)

ニューヨークを救う木ーヤナギの再生/忘れられた言葉ー木とともに生きる/記憶ー失われた技法/萌芽の地ー木の行動に学ぶ/即興演奏する樹木たちー倒れた樹木に宿る生命/枝分かれ(branching)-ネットワークの中で生きる/高架下の雑木林(スパゲッティの森)-創造力のある生き物/石器時代の湿地の木道(レヴェルズにて)-萌芽枝の利用/街路の発明ー同じ森を利用する/バネー人の手が促す森の遷移〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

ローガン,ウィリアム・ブライアント(Logan,William Bryant)(ローガン,ウィリアムブライアント)
ニューヨーク植物園で教鞭をとる。これまで30年間、木を相手に働いてきた。認定育樹家で、ニューヨーク市を拠点とする樹木管理の会社の創設者兼社長。ガーデンライターズアソシエーションから数々の賞を受賞しており、「House Beautiful」「House and Garden」「Garden Design」などの雑誌の寄稿編集者、「ニューヨークタイムズ」のレギュラーのガーデンライターでもある。国際樹芸学会International Society of Arboriculture(ISA)のニューヨーク州支部から2012年のSenior Scholar賞を、国際ISAからTrue Professional of Arboriculture賞を受賞。『樹木の恵みと人間の歴史ー石器時代の木道からトトロの森まで』で、最も優れたネイチャーライティングの著作に贈られるジョン・バロウズ賞を受賞

屋代通子(ヤシロミチコ)
兵庫県西宮市生まれ。出版社勤務を経て翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ