ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・は行

敵は家康
早川隆

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年02月28日頃
  • 著者/編集:   早川隆
  • 出版社:   アルファポリス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  480p
  • ISBN:  9784434287855

商品説明

内容紹介(出版社より)

礫投げが得意な若者・弥七は陰(ほと)と呼ばれる貧しい集落で、夢も希望もなく、地を這うように生きてきた。あるとき、図らずも自らの礫で他人の命を奪ってしまったことで、元盗賊のねずみという男とともに外の世界へ飛び出す。やがて二人は、作事集団の黒鍬衆(くろくわしゅう)の一員として、尾張国の砦造りに関わるようになる。それは弥七にとって、人生で初めての充実した時間だった。だが、尾張を狙う今川義元が領主・織田信長に戦を仕掛けたことで、そんな日々は終わりを告げる。弥七のいた織田領の丸根砦に、大軍が攻めてきたのだ。弥七は織田の兵とともに、戦うことを決意する。しかし、その大軍を率いるのは松平元康、のちの天下人・徳川家康でーー。桶狭間の合戦前夜、名もなき青年が戦国の世を駆け抜ける!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

礫投げが得意な若者・弥七は、陰と呼ばれる貧しい集落で、地を這うように生きてきた。あるとき、図らずも自らの礫で他人の命を奪ってしまったため、元盗賊のねずみという男とともに外の世界へ飛び出す。やがて弥七は、作事集団の黒鍬衆の一員として尾張国の砦造りに関わり、そこに生きがいを見出すようになる。だが、その砦に松平元康、のちの天下人・徳川家康が攻めてきたことで、弥七の運命はまたも大きく動きはじめたーアルファポリス第6回歴史・時代小説大賞特別賞受賞作。

著者情報(「BOOK」データベースより)

早川隆(ハヤカワタカシ)
広島県出身、インターネットベンチャー勤務の傍ら、2019年より執筆活動を開始。アルファポリス第6回歴史・時代小説大賞の特別賞を受賞した「礫」を「敵は家康」に改題し、出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 5.0

ブックスのレビュー(3件)

  • (無題)
    narico555
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年04月27日

    WEB小説の書籍化ですが、賞を受賞した作品だけに骨太な歴史小説で良かったです。
    桶狭間の戦いの前哨戦である、砦での攻防をテーマに、無名の少年が得意の礫で立ち向かっていく姿がとても魅力的であり、刹那的でもあり、感動を呼ぶ作品です。
    お勧めです。

    0人が参考になったと回答

  • 面白いです
    yamumumu
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年03月13日

    ストーリーが素直で分かりやすい。通勤電車の中で楽しく読めます。砦や城の位置関係が分かる地図が付いているので確認しながら読みました。時代の雰囲気が良く表されていると感じました。本格的な歴史小説ではなくフィクションです。難しい言葉が出てくるところはありますが、文脈で意味は分かります。かなり引き込まれます。おすすめします。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年03月09日

    桶狭間前夜までの情景を、武将の視点と黒鍬の視点から描いた大作。
    まるで戦国にいるかのような臨場感と、現代にも通じる人間の物語に一気読みしてしまった。
    桶狭間の前にどんな攻防があったのか?新たな気づきや興味を抱かせる一冊。戦国好きは読んで絶対に損はしないと思います

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ