本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他

カラーでよみがえる軍艦島 (イースト新書Q)
風来堂

1,100(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • カラーでよみがえる軍艦島(イースト新書Q)[風来堂]
  • +
  • 軍艦島の生活〈1952/1970〉住宅学者西山夘三の端島住宅調査レポート[西山夘三記念すまい・まちづくり文庫]
  • カラーでよみがえる軍艦島 (イースト新書Q)
  • 風来堂

1,100円(税込)

在庫あり

2,750円(税込)

在庫あり

合計 3,850円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

海に浮かぶ世界遺産「軍艦島」
かつて栄華を極めた島の暮らしが、カラー化した写真で生き生きとよみがえる!

これまで、モノクロでしか見ることのできなかった軍艦島の暮らし・人々の様子が、
最新のAI彩色技術によって、ふたたび息づく。

特異な環境に生きた島民が、厳しい労働をこなしながらも、豊かな生活を送る活気が伝わってくる。

軍艦島の誕生から廃墟化、2015年の世界遺産認定、そして世界遺産から7年。現在の軍艦島までを追う。
2022年書きおろしの、元島民インタビューも収録。

軍艦島の生活や建物に関する謎や雑学を、わかりやすく読みやすい文章、カラー写真、地図・図説で解説!

序章:軍艦島の発見
第1章:炭鉱としての軍艦島
第2章:超人口過密島での生活
第3章:知られざる建築物の実態
終章:閉山から現在まで
序章:軍艦島の発見
第1章:炭鉱としての軍艦島
第2章:超人口過密島での生活
第3章:知られざる建築物の実態
終章:閉山から現在まで

内容紹介(「BOOK」データベースより)

人を惹きつける軍艦島の魅力とはなんだろう。閉山後に無人化してから半世紀以上が過ぎ、かつて栄えていた島が荒廃してゆく寂しさ、廃墟と化した建物群の醸し出す哀愁は、確かに人々の心を打つものがある。しかし、私たちが目にできるのは、いずれも廃墟と化した島の姿だ。本書では、元島民の協力を得て、まだ住人がいた当時のモノクロ写真にカラー再現処理をして掲載した。これにより“死んだ端島”ではなく“生きた端島”の姿が目の前に迫ってくるはずだ。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 軍艦島の発見(九州の片隅にある海底炭田の南端に位置する小さな無人島/風雨にさらされる環境が島を鉄壁の城塞へと変えた ほか)/第1章 炭鉱としての軍艦島(日本の工業発展に貢献した軍艦島産の良質な石炭/手掘りから24時間機械化体制へ 採炭現場の技術進歩の歴史 ほか)/第2章 超人口過密島での生活(住居インフラ 鉱員なら家賃はタダだったが住居は地位による格差あり/入浴 内風呂付きの住居はごくわずか 海水も使われた共同浴場の実態 ほか)/第3章 知られざる建築物の実態(16〜20号棟(鉱員社宅) 5つの建物がズラリと並ぶ 島民が愛した「9階建て」/65号棟(鉱員社宅・保育園) 暮らしやすさで人気トップクラス 島内最大規模の住戸数を誇る ほか)/終章 閉山から現在までの軍艦島(時代は石炭から石油へ 人口減が進む1960年代)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年04月08日 - 2024年04月14日)

     :第-位( - ) > 新書:第2001位(↑) > その他:第652位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ