夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 雑学・出版・ジャーナリズム > ジャーナリズム
  • 朝日新聞政治部[鮫島浩]
  • 朝日新聞政治部[鮫島浩]
朝日新聞政治部[鮫島浩]
  • Googleプレビュー

朝日新聞政治部
鮫島 浩

1位 ジャーナリズム部門 楽天ブックス週間ランキング(2022年06月20日-2022年06月26日)ランキングを見る

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年05月27日頃
  • 著者/編集:   鮫島 浩
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784065280348

よく一緒に購入されている商品

  • 朝日新聞政治部[鮫島浩]
  • +
  • 維新ぎらい[大石あきこ]
  • 朝日新聞政治部
  • 鮫島 浩

1,980円(税込)

在庫あり

990円(税込)

在庫あり

合計 2,970円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

「これほどの生きたジャーナリズム論に
出会ったのは、はじめてだ。
ここにはメディアの未来を考える
重要な実体験が描かれている」
ーー中島岳志(政治学者)

「社内政治と保身にエネルギーを浪費する幹部たち。
失敗と批判を恐れ、委縮していく現場。
新聞の政治報道が光を失った理由がここにある」
ーー望月衣塑子(東京新聞記者)

発売即3刷 はやくも各所から絶賛の声!

*******************

地方支局から本社政治部に異動した日、政治部長が言った言葉は「権力と付き合え」だった。
経世会、宏池会と清和会の自民党内覇権争い、政権交代などを通して永田町と政治家の裏側を目の当たりにする。
東日本大震災と原発事故で、「新聞報道の限界」をつくづく思い知らされた。
2014年、朝日新聞を次々と大トラブルが襲う。
「慰安婦報道取り消し」が炎上し、福島原発事故の吉田調書を入手・公開したスクープが大バッシングを浴びる。
そして「池上コラム掲載拒否」騒動が勃発。
ネット世論に加え、時の安倍政権も「朝日新聞バッシング」に加担し、とどめを刺された。

著者は「吉田調書報道」の担当デスクとして、スクープの栄誉から「捏造の当事者」にまっさかさまに転落する。
保身に走った上司や経営陣は、次々に手のひらを返し、著者を責め立てた。
そしてすべての責任を押し付けた。
社長の「隠蔽」会見のあと、待っていたのは「現場の記者の処分」。
このときに「朝日新聞は死んだ」と、著者は書く。

戦後、日本の政治報道やオピニオンを先導し続けてきた朝日新聞政治部。
その最後の栄光と滅びゆく日々が、登場人物すべて実名で生々しく描かれる。

【目次】(抜粋)
記者人生を決める「サツ回り」
刑事ドラマ好きの県警本部長
政治記者は「権力と付き合え」
清和会のコンプレックス
小渕恵三首相の「沈黙の10秒」
古賀誠の番記者掌握術
朝日新聞政治部の「両雄」
虚偽メモ事件
社会部とは違う「調査報道」を生み出せ!
社会部出身デスクとの対立
内閣官房長官の絶大な権力
小沢一郎はなぜ総理になれなかったのか
原発事故が突きつけた政治部の限界
「手抜き除染」報道と特別報道部の全盛期
吉田調書報道の「小さなほころび」
危機管理の失敗
動き始めた安倍政権
「池上コラム問題」はなぜ起きたのか
バッシングの嵐と記者処分
ツイッター騒動と「言論弾圧」 ほか

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「池上コラム掲載拒否」「吉田調書問題」「慰安婦記事取り消し」政治部出身の経営陣はどこで何を間違えたのか?すべて実名で綴る内部告発ノンフィクション。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 新聞記者とは?-1994-1998/第2章 政治部で見た権力の裏側ー1999-2004/第3章 調査報道への挑戦ー2005-2007/第4章 政権交代と東日本大震災ー2008-2011/第5章 躍進する特別報道部ー2012-2013/第6章 「吉田調書」で間違えたことー2014/第7章 終わりのはじまりー2015-

著者情報(「BOOK」データベースより)

鮫島浩(サメジマヒロシ)
ジャーナリスト。1971年生まれ。京都大学法学部の佐藤幸治ゼミで憲法を学ぶ。1994年に朝日新聞社入社。つくば、水戸、浦和の各支局を経て、1999年から政治部。菅直人、竹中平蔵、古賀誠、与謝野馨、町村信孝ら与野党政治家を幅広く担当し、2010年に39歳で政治部次長(デスク)に。2012年に調査報道に専従する特別報道部デスクとなり、翌年「手抜き除染」報道で新聞協会賞受賞。2014年に福島原発事故を巡る「吉田調書」報道で解任される。2021年に退社してウェブメディア「SAMEJIMA TIMES」を創刊し、連日記事を無料公開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー(1件)

  • 新聞好きには興味深い(*^ー゚)
    立田姫
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2022年06月01日

    幼少から朝日新聞と読売新聞を愛読しています。朝日の政治面は読んでいて不快感が払拭できませんでしたが、この本を読んでぼんやりと理由がわかったような、わからないような…(^^;))) 何となくサラリーマンの悲哀を感じる本でした。著者が元記者だから筆の力があり、それなりに読みごたえはあります。『吉田調書』『池上彰コラム連載中止』『慰安婦問題』など何かと喧しかった朝日新聞ですが、今後はどうなんでしょう(^_^;)? 新聞好きにはなかなか興味深い一冊…お薦めです(^.^)

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      J05 地球の歩き方 北海道 2023〜2024
      J05 地球の歩き方 北海道 2023〜2024

      地球の歩き方編集室

      2,200円(税込)

    2. 2
      Soil mag.(2)
      Soil mag.(2)

      1,100円(税込)

    3. 3
      「静かな人」の戦略書
      「静かな人」の戦略書

      ジル・チャン

      1,650円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】熔ける 再び そして会社も失った
      【入荷予約】熔ける 再び そして会社も…

      井川 意高

      1,760円(税込)

    5. 5
      【予約】血流ゼロトレ
      【予約】血流ゼロトレ

      堀江 昭佳

      1,540円(税込)

    1. 1
      大白蓮華 2022年 7月号
      電子書籍大白蓮華 2022年 7月号

      大白蓮華編集部

      188円(税込)

    2. 2
      禁断の中国史
      電子書籍禁断の中国史

      百田尚樹

      1,540円(税込)

    3. 3
      熔ける 再び そして会社も失った
      電子書籍熔ける 再び そして会社も失った

      井川意高

      1,584円(税込)

    4. 4
      経済参謀 〜日本人の給料を上げる最後の処方箋〜
      電子書籍経済参謀 〜日本人の給料を上げる最後の…

      大前研一

      1,485円(税込)

    5. 5
      超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける【弱点に合わせて読む場所がわかる!特設ページ付き!】
      電子書籍超雑談力 人づきあいがラクになる 誰と…

      五百田達成

      1,430円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ