ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 伝記(外国)

秋篠宮
江森 敬治

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年05月11日頃
  • 著者/編集:   江森 敬治
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784093888622

よく一緒に購入されている商品

  • 秋篠宮[江森敬治]
  • +
  • 秋篠宮家と小室家(文春新書)[文藝春秋編]
  • 秋篠宮
  • 江森 敬治

1,650円(税込)

在庫あり

968円(税込)

在庫あり

合計 2,618円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

人間・秋篠宮の実像がいま明らかになる

「令和」という新時代を、皇嗣として迎えた秋篠宮だが、コロナ禍のもと皇室行事の多くは中止を余儀なくされ、長女の結婚問題にも揺れた。

弟として、
父として、
皇嗣として、
何に悩み、何を考え、
何を語っていたのか。

激動の5年間、秋篠宮邸に合計37回通ったジャーナリストによる唯一無二のインタビュー録。

***

「二人はそれでも結婚しますよ」

「最近はSNSでの情報拡散も多々あります。かなりけしからん記述も見られますが、それらまで含めて対応するのは、とてもできることではありません」

「ある一定の年齢を超えた時期に、余生を大事にすることは、それが天皇であっても同じ人間として人間的に生きる権利という観点からも大切なことではないかと思いました」

「私の『自由』は、頭の中の自由が一番大切になります」

「地方に母が出かけるというので、ものすごく泣いたという思い出は鮮明に残っていますね」


ーーいずれも本書に収録された秋篠宮の発言。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 混迷/第2章 聖家族/第3章 秋篠宮家/第4章 令和を迎えて/第5章 一人の人間として生きる/第6章 問題提起/第7章 憲法のもとで

著者情報(「BOOK」データベースより)

江森敬治(エモリケイジ)
1956年生まれ。ジャーナリスト。毎日新聞客員編集委員。早稲田大学卒業。1980年、毎日新聞社に入社。社会部宮内庁担当、編集委員などを経て2022年3月末、退社した。現在はフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 1.83

ブックスのレビュー(6件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2022年05月19日

    素早い発送ありがとうございました。
    中身は………アマゾンさんのレビューが止められてしまいましたので、言葉を選ばなくてはなりませんね。浜尾さんが書かれた本も読んでいますが、平成天皇が皇太子であられた時の苦言で、「美智子皇太子妃殿下のいいなり」というようなフレーズがありました。皇室に嫁ぎ実権の根を張られた経緯を目の当たりにされて、仕草のみならず、あらゆる事をお手本に秋篠宮ご夫妻は進んで来られたのでしょう。子は育てた様に育ちます。紀子様も然り……社会で働く経験もなく崇められ傅かれるばかりで、イエスマンと企みのある方や、都合の良い方ばかりとお付き合いされているのだなぁ……と感じました。

    23人が参考になったと回答

  • 買う価値なし
    toniaki528
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2022年05月27日

    終始、自分達は悪くない、悪いのは小室圭と言う本でした。
    小室圭の警備についても、本人に言ったところでどうしようもないでしょう。
    ご自分が宮内庁に税金が勿体無いから小室圭家の警備は最小限にするように言えば良いだけの話だし。
    家の改築33億円についてはスルーだし。
    小室家の素行調査をしなかったのは個人情報がうるさい時代だから?いや、そこはやりましょうよ。
    一旦結婚が延期になった後も、それでもあの2人は結婚しますよって言ってたそうだけど、何でそんな他人事みたいな事を言ってるんですか?
    とにかく、新たな情報も書いてないし、イライラするだけななで、読まなければよかった。

    11人が参考になったと回答

  • (無題)
    geitu
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2022年05月21日

    皇嗣殿下公認のインタビュー集と聞いて購入。
    天皇陛下が心配されている、アマゾンレビューがヤフコメみたいに封鎖になる、途中からテーマが安倍批判に切り替わる等、何かと物議を醸した本である。
    個人的には、皇嗣殿下の思いを少しでも知れたことは評価したい。
    ただ、国民に真意を伝えるという宣伝のわりには、インタビューの量が短く、ほとんどが江森さんの独自解釈になっている。
    KKさん騒動、大嘗祭問題、頼りにならない宮内庁と、国民が知りたいポイントを押さえてはいたが、内容が薄く、この本で得られる新事実はほとんどなかった。
    残念ながら、皇嗣殿下ではなく、江森さんの考えよくわかる本である。
    評価は1を付けようかとも思ったが、皇室初?のインタビュー集であること、共感できるメッセージもあることから、3を付けることにしたい。

    4人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      「私」という男の生涯
      「私」という男の生涯

      石原 慎太郎

      1,980円(税込)

    2. 2
      熔ける 再び そして会社も失った
      熔ける 再び そして会社も失った

      井川 意高

      1,760円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】記者ハンドブック 第14版
      【入荷予約】記者ハンドブック 第14版

      一般社団法人共同通信社

      2,090円(税込)

    4. 4
      日本国史(下)
      日本国史(下)

      田中英道

      990円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】不倫、それは峠の茶屋に似ている たるんだ心に一喝!! 一条ゆかりの金言集
      【入荷予約】不倫、それは峠の茶屋に似て…

      一条 ゆかり

      1,760円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ