本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・ま行

1,320(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年06月08日頃
  • 著者/編集:   村田 沙耶香
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  160p
  • ISBN:  9784163915500

商品説明

内容紹介(出版社より)

世界中の読者を熱狂させる、村田沙耶香の最新短篇&エッセイ

「なあ、俺と、新しくカルト始めない?」

好きな言葉は「原価いくら?」で、
現実こそが正しいのだと、強く信じている永岡。
同級生から、カルト商法を始めようと誘われた彼女はーー。

信じることの危うさと切実さに痺れる8篇。

〈その他収録作〉

★生存
65歳の時点で生きている可能性を数値化した、
「生存率」が何よりも重要視されるようになった未来の日本。
生存率「C」の私は、とうとう「野人」になることを決めた。

★書かなかった小説
「だいたいルンバと同じくらいの便利さ」という友達の一言に後押しされて、クローンを4体買うことにした。
自分を夏子Aとし、クローンたちを夏子B、C、D、Eと呼ぶことにする。
そして5人の夏子たちの生活が始まった。

★最後の展覧会
とある概念を持つ星を探して、1億年近く旅を続けてきたK。
彼が最後に辿り着いた星に残っていたのは、1体のロボットだけだった。
Kはロボットと「テンランカイ」を開くことにする。

ほか全8篇。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

なあ、俺と、新しくカルト始めない?現実こそ正義、好きな言葉は「原価いくら?」の私は、カルト商法を始めようと誘われてー。信じることの危うさと切実さに痺れる8篇。

目次(「BOOK」データベースより)

信仰/生存/土脉潤起/彼らの惑星へ帰っていくこと/カルチャーショック/気持ちよさという罪/書かなかった小説/最後の展覧会

著者情報(「BOOK」データベースより)

村田沙耶香(ムラタサヤカ)
1979年千葉県生まれ。2003年「授乳」で群像新人文学賞優秀作、09年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島由紀夫賞、16年「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(44件)

総合評価
 4.17

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】「十二国記」30周年記念ガイドブック
      【予約】「十二国記」30周年記念ガイドブ…

      新潮社

      1,760円(税込)

    2. 2
      あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇
      あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇

      高田 郁

      748円(税込)

    3. 3
      夢をかなえるゾウ0(ゼロ)
      夢をかなえるゾウ0(ゼロ)

      水野敬也

      1,848円(税込)

    4. 4
      ナガサキの郵便配達
      ナガサキの郵便配達

      ピーター・タウンゼント

      889円(税込)

    5. 5
      内憂
      内憂

      上田秀人

      726円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ