ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学

家で死のう!
萬田 緑平

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年06月22日頃
  • 著者/編集:   萬田 緑平
  • 出版社:   三五館シンシャ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784866809243

よく一緒に購入されている商品

  • 家で死のう![萬田緑平]
  • +
  • 住宅営業マンぺこぺこ日記(日記シリーズ)[屋敷康蔵]
  • 家で死のう!
  • 萬田 緑平

1,540円(税込)

在庫あり

1,430円(税込)

在庫あり

合計 2,970円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

今こそ「死に方」を問い直す。「良く生き」「良く死ぬ」ための教科書、誕生!

緩和ケア医による「死に方」の教科書。
〜「病気とは何か?」「医療に何ができるか?」そして死の現場で何が起こるかをお伝えする中で、
ご自身や大切な人の死について考えるきっかけになれば幸いです〜
【目次】
・病気は「老化の段階」に名前をつけただけ
・「エビデンスある治療」は正義か?
・「死」は老化のゴールである
・死の現場で起こること
・長生きしても不幸なら意味がない
・医療にできることはごくわずか・・・etc.

内容紹介(「BOOK」データベースより)

なぜ病院で死ぬことは苦しいのか?眠るように穏やかに死ぬための本。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 病気は「老化の段階」に名前をつけただけ(人は必ず老化し、老化は治せない/弱い臓器から老化が進行していく ほか)/第2章 死とは「老化のゴール」である(野生動物の死と、現代人の死/人はどのように死んでいくのか? ほか)/第3章 医療にできること、できるはずのないこと(医者と患者で異なる「治る」の定義/医学は統計学である ほか)/第4章 「在宅緩和ケア」という選択(心電図モニターは医師と家族の単なる儀式/心電図モニターなしで看取れるのか? ほか)/エピローグ どうやって死を受け入れるか?(死を受け入れるのは人生最後の難問/最後の最後まで死を認めなかった家族 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

萬田緑平(マンダリョクヘイ)
1964年生まれ。群馬大学医学部卒業後、群馬大学附属病院第一外科に勤務。手術、抗がん剤治療、胃ろう造設などを行なう中で、医療のあり方に疑問を持つ。2008年から9年にわたり緩和ケア診療所に勤務し、在宅緩和ケア医として2000人の看取りに関わる。現在は、自ら開設した「緩和ケア 萬田診療所」の院長を務めながら、「最期まで精一杯生きる」と題した講演活動を日本全国で年間50回以上行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ