ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 教育

最新 できなかった子(生徒)をできる子(学生)にするのが教育 私の体験的教育論
中島恒雄

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2022年06月02日頃
  • 著者/編集:   中島恒雄
  • 出版社:   ミネルヴァ書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  378p
  • ISBN:  9784623094424

商品説明

内容紹介(出版社より)

東京福祉大学創立者であり、教育学博士でもある著者が、ハーバード大学、フォーダム大学での研究・留学での体験をもとに、暗記・記憶だけに頼らない、「考える力」をつける教育方法を提唱する。
将来の深刻な問題を解決し、新たなニーズに応える力が求められている昨今。医療・福祉・心理・教育等の知識を備え、問題解決能力を実につけた人材養成に力を注ぐ著者の信念を紹介する。好評の1997年刊の最新版。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ハーバード、フォーダムでの研究・留学を通して暗記や記憶だけに頼らない「考える力」を育てる教育。

目次(「BOOK」データベースより)

1章 日本の教育現場には意識の変革が必要/2章 できなかった子(生徒)をできる子(学生)にする/3章 大学教育は充実し変わらなければならないー学生の能力を伸ばす教育システム/4章 私の信念「勉強のできない生徒はいない」/5章 「学生はお客さま」という意識が重要/6章 教師の意識も変わらなければならない/終章 福祉の時代に向けて真の福祉教育を/資料編 東京福祉大学における教育方針と授業の特徴

著者情報(「BOOK」データベースより)

中島恒雄(ナカジマツネオ)
名古屋市中区茶屋町生まれ。学習院大学法学部法学科卒業。フォーダム大学教育学大学院博士課程修了。教育学博士。95〜96年ハーバード大学教育学大学院に学者として招聘される。ハーバード大学教育学大学院での研究成果を、自ら創立した東京福祉大学や系列研究施設の日々の授業に生かし、「できなかった子(生徒)をできる子(学生)にするのが教育」の建学の理念で、優秀な学生や教員の育成にお役に立ちたいと考えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと25

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新版 近代スピリチュアリズムの歴史
      新版 近代スピリチュアリズムの歴史

      三浦清宏

      3,300円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】熔ける 再び そして会社も失った
      【入荷予約】熔ける 再び そして会社も…

      井川 意高

      1,760円(税込)

    3. 3
      J05 地球の歩き方 北海道 2023〜2024
      J05 地球の歩き方 北海道 2023〜2024

      地球の歩き方編集室

      2,200円(税込)

    4. 4
      「静かな人」の戦略書
      「静かな人」の戦略書

      ジル・チャン

      1,650円(税込)

    5. 5
      【予約】禁断の中国史
      【予約】禁断の中国史

      百田尚樹

      1,540円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ