対象の本と雑誌を同時購入&条件達成でポイント4倍
【11月16日21時00分~22時59分まで】  ポイント2~3倍! 
バルセロナの厨房から
  • Googleプレビュー

バルセロナの厨房から (グルメ文庫)
高森敏明

691円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ケ・アプロベーチェ」スペインの食卓でよく耳にする言葉で「よいお食事を」とか「ごゆっくり召し上がれ」といった意味の言葉がある。食べることを楽しみ、生きることを楽しむスペインの人々の心意気を表わすようなこの言葉が、私は大好きであるースペインで料理修業をし、現役のシェフとして活躍する著者が、魅力溢れる料理から食材、ワインまでを語り尽くす、美味しいスペイン満載の一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ケ・アプロベーチェ/オリーブオイル/オリーブの実/香辛料/うさぎ/トマト/アンコウ/たこ/鱈/かたつむり〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高森敏明(タカモリトシアキ)
1960年、和歌山市生まれ。スペイン料理の持つ素朴な味に惹かれスペインに渡り、バルセロナにあるレストラン“ネイチェル”、“ラ・ジャール”にて料理修業を積む。帰国後、東京・吉祥寺にてレストラン“ドス・ガトス”を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 普通におもしろいです
    ぎざじゅう2007
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2010年01月05日

    料理&スペイン好きには、かなり楽しめる1冊ではないでしょうか。
    章は、材料ごとに分かれていてその調理法≪厳密なものではないです≫筆者がスペインで料理修行をしていた頃の思い出話と一緒に話が展開します。
    全体的にレストランの話が中心で、バルのタパスなどは割合として触れられているのはさほど多くはありません。
    バル巡り、地方の郷土料理…などといったような内容を期待されるとがっかりしちゃうんじゃないかなーと思います。
    ※レストランに行ってご飯を食べない方も多いと思われるので
    ただ、生ハムの肉を食べ終わった後に残る骨を煮込むエピソードなどはさすが広いスペイン、郷土ごとに懐かしい味が違うのね、と思わされました。こういうエピソード、もっと書いて欲しいです。もう一冊、筆者は別に本を出さないでしょうか・・・・

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

691円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      人魚の眠る家
      人魚の眠る家

      東野圭吾

      788円(税込)

    2. 2
      献灯使
      献灯使

      多和田 葉子

      702円(税込)

    3. 3
      ルージュ
      ルージュ

      誉田哲也

      820円(税込)

    4. 4
      金の裏表
      金の裏表

      上田秀人

      691円(税込)

    5. 5
      希望荘
      希望荘

      宮部 みゆき

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ