本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > 文学史(日本)

明治文学の彩り 口絵・挿絵の世界
日本近代文学館 編

2,640(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

新聞、雑誌、書物に掲載された、口絵・挿絵は、どのように描かれ、印刷されていたのか。小説の内容とどのように関係するのか。
美麗な木版多色摺口絵の味わい方から、新聞や雑誌といった緊迫した制作現場での文章と絵とのぶつかりあいまで、フルカラーの150点を超える当時のイラストとともに紹介。

坪内逍遙、尾崎紅葉、樋口一葉、島崎藤村、泉鏡花といった文豪たちと、渡辺省亭、鏑木清方、黒田清輝、鰭崎英朋ら絵師によるコラボレーションが生んだ、明治文学の知られざる諸相を明らかにする。
『明治文学の彩り口絵・挿絵の世界』刊行にあたって 中島国彦
絵とともにある明治文学 出口智之

第1章 口絵・挿絵とは何か
第2章 作家と出版社の挑戦
第3章 謎の絵
第4章 明治文学の華やぎ
第5章 新聞挿絵の世界

口絵・挿絵という問題系 画文学に向けて 出口智之

内容紹介(「BOOK」データベースより)

新聞、雑誌、書物に掲載された、口絵・挿絵は、どのように描かれ、印刷されていたのか。小説の内容とどのように関係するのか。美麗な木版多色摺口絵の味わい方から、新聞や雑誌といった緊迫した制作現場での文章と絵とのぶつかりあいまで、フルカラーの150点を超える当時のイラストとともに紹介。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 口絵・挿絵とは何か/第2章 作家と出版社の挑戦/第3章 謎の絵/第4章 明治文学の華やぎ/第5章 新聞挿絵の世界

著者情報(「BOOK」データベースより)

出口智之(デグチトモユキ)
東京大学大学院総合文化研究科准教授。東京大学文学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門分野は日本の近代文学と美術。明治時代における文学、文人のネットワーク、文学と美術の交渉を研究テーマとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    NyanN
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2024年03月13日

    色々と検索している中で本書に出会いました。
    元々一色刷りの絵以外はカラー収録で、絵の一部が拡大で載っているのが嬉しいです。
    渡辺省亭の描いた挿絵が載っていたのが嬉しく、鈴木華邨を知ることもできました。
    巻末にデータ付きです。
    価格は若干高く感じますが、掲載絵が充実しているので、本書の中身を見れば妥当に思えます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと19

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ