本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 資格・検定 > 宅建・不動産関係資格 > 宅建

2023年度版 みんなが欲しかった! 宅建士の教科書
滝澤 ななみ

3,300(税込)送料無料

新版商品はこちら

商品情報

  • 発売日:  2022年10月18日頃
  • 著者/編集:   滝澤 ななみ(著)
  • 出版社:   TAC出版
  • 発行形態:  単行本
  • ISBN:  9784300103425

商品説明

内容紹介(出版社より)

本書は、宅建士受験用テキストの歴史を変える、「パッと見てわかるフルカラーテキスト」です。
魔法のようによくわかる教科書で、宅建士試験合格を目指しましょう!

【本書の特長】
・シンプルで読みやすい「本文」
論点をやさしい言葉でわかりやすくまとめ、文字量をできる限り少なくしました。「法律用語」はかみ砕いた表現を用いたり、補足説明をつけたりすることで、初学者でも理解しやすい解説を実現しています。

・はじめに各セクションの全体像をチェック
各単元(セクション)のはじめに、その単元で学習する内容を視覚的にまとめたページを設けました。はじめに論点の全体像をつかむことによって、学習効果がグンと高まります。

・「板書」で理解を確実なものに
フルカラーの図解やイラストを用いて、重要ポイントや分かりにくいポイントを徹底的に整理しました。
苦手な論点は「本文」とセットで学習しましょう。

・「ひとこと」で合格に近づく
本文を理解するためのヒントや用語の意味、応用知識など補足情報を「ひとこと」に掲載。プラスアルファの知識で、一段と理解が深まります。

・その場で問題演習できる「例題」
本文を読んで基本的な知識を身に付けたら、すぐに問題演習ができるように「例題」を豊富に設けました。
重要論点・頻出論点・ひっかけ等、受験生の実力アップに役立つ問題を厳選しています。

・写真を見て学ぶ「巻頭企画」
最初は理解しにくい「用途地域」と「補助的地域地区」について、現地の写真を見てイメージを膨らませることができます。

・本文は、抜き取り可能な3分冊構成
宅建士のテキストは分厚くて重たいですよね。本書は、「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限、税・その他」の3分冊に取り外し可能。持ち運びや日々の学習に大変便利です。

・いつでもどこでも問題演習ができる、スマホ学習対応
本書に掲載されている「例題」に加えて、「一問一答 基本問題100問」がスマホで確認できます。移動時間やスキマ時間を使って、何度でも問題演習を繰り返しましょう。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

論点をやさしい言葉でわかりやすく説明!文字量少なめ!図解やイラストを豊富に用いてポイントを徹底的に整理!周辺知識や用語などの補足情報も収録。心の行き届いた内容!勉強したらすぐ関連問題が解ける、実力がアップする仕組み!

目次(「BOOK」データベースより)

基本編(宅建業法/権利関係/法令上の制限/税・その他)/参考編(宅建業法の参考論点/権利関係の参考論点/法令上の制限の参考論点)

著者情報(「BOOK」データベースより)

滝澤ななみ(タキザワナナミ)
簿記、FPなど多くの資格書を執筆している。本書が初の法律系国家資格書の執筆となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(18件)

総合評価
 4.61

ブックスのレビュー(18件)

  • 今からなら十分間に合う。
    クロペンギン
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年01月18日

    1月から勉強すれば必ず合格する。と、いつも思いながら教科書を購入する。学習スケジュールを考える。7月の申し込みまで教科書はきれいなまま。8200円の受験料がもったいなく思えてくる。どうする?

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    ぶ〜マサミチ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年02月26日

    読みやすくとても分かりやすい本です。
    イラストも多く解説も分からりやすいので独学でも合格できると思います。
    今年こそ合格に向けて頑張ります。

    2人が参考になったと回答

  • 易しく書いあるのは良いが…
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2023年01月22日

    人気の分かり易いテキストだということで、法学部出身でない自分には向いているだろうと思って購入しました。確かに法律用語でガチガチではなく、易しく解説してありました。が、テキストを読んでから同シリーズの問題集を解いてみたら、「えー、聞いてないよー!」という全くテキストの該当部分解説に無かった過去問題がポロポロ出て来て、とても気分が悪かったです。最初からちゃんと解説しておいてくれたら迷わなくて済んだのに…。細かい事は3分冊の内の法令上の制限の本の末尾の「参考」という所に載ってたりします。まぁ、最終的に合格レベルまで到達できればいいのでしょうが、問題集を解きながらも間違い無く快調に気分良く学習したかった自分としては、時々テキストの該当部分に載ってない所で「あれ?こんな用語あったっけ?」とか「えー、こんな法律知らんよ!」とか思いながら進むのは不快です。他の方のレビューで「後出しじゃんけん大会」と書かれていたのが、なるほどこの事かと十分頷けます。内容の説明自体は分かり易いのは確かなので、これを一旦読み終えたら、他の堅めのテキストも購入して参考書のように補完しながら学習しようと思います。
    その後過去問を解いている中で考えが変わったので追記します。実際の試験は何点取れば必ず受かるという絶対評価ではなく、問題の難易度が低ければ合格点を上げるという相対評価の、悪い言い方をすると如何に落としてやろうかという試験で、過去問さえ一通りやっておけば受かるという訳ではなく、本番では予想外の意地の悪い新作問題が出て来て受験者を大いに悩ませるようなので、過去問を解いている内から「えー!聞いてないよー!」というショックに慣れておいた方が本番で慌てずに済むのではないかと思いました。そういう意味では実践的とさえ言える(分からなかった所はその都度調べて覚えればいいのですから)適切な教科書と言えるかもしれません。

    2人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:資格・検定

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ