本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 生物学

流されて生きる生き物たちの生存戦略 驚きの渓流生態系
吉村真由美

2,640(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2022年11月26日頃
  • 著者/編集:   吉村真由美(著)
  • 出版社:   築地書館
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  244p
  • ISBN:  9784806716440

よく一緒に購入されている商品

  • 流されて生きる生き物たちの生存戦略驚きの渓流生態系[吉村真由美]
  • +
  • 教養としての「ラテン語の授業」古代ローマに学ぶリベラルアーツの源流[ハン・ドンイル]
  • 流されて生きる生き物たちの生存戦略 驚きの渓流生態系
  • 吉村真由美

2,640円(税込)

在庫あり

合計 4,620円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

渓流の中を覗いてみると、さまざまな生き物たちの多様な暮らしぶりが見えてくる。
呼吸のため、自ら水流を起こして酸素をつくる。流れに乗ってより餌の多い場所に移動する。絹糸を使って網を張って餌をとる、巣をつくる。
渓流の生き物たちと、彼らが暮らす渓流の環境について理解が深まる1冊。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

森とともに、陸域の自然界を代表する生態系である渓流。土と植物と密接な関係をもち、水生昆虫をはじめ、さまざまな生き物たちが暮らしている。生き物たちの、水流の中で生きるために備わった形、行動に迫るとともに、渓流の成り立ちを学ぶ。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 水の循環と河川(川の流れを追う/渓流の環境 ほか)/第2章 流水をいなして生きる生き物たち(撹乱を耐え忍ぶ/流れからの待避 ほか)/第3章 流水に適応する(外部環境への適応/生息環境と生き物の形状 ほか)/第4章 生き物どうしの関係(さまざまな察知能力/餌をめぐるやりとり)/第5章 渓流域における落葉の重要性(渓流域のエネルギーの流れ/落葉と底生動物)/付録 渓流に生息している主な生き物

著者情報(「BOOK」データベースより)

吉村真由美(ヨシムラマユミ)
大阪府生まれ。奈良女子大学大学院理学研究科修了、大阪府立大学大学院農学生命科学研究科中途退学、博士(理学)。運輸省にて航空関係の業務に携わったのち、農林水産省入省。森林総合研究所四国支所研究員、国立研究開発法人森林総合研究所企画部研究評価室長を経て、現在は国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所関西支所チーム長。渓流性水生昆虫の生理生態学、森林構造と生物群集との関係解明、放射性セシウム汚染による水生生物への影響、生態系サービスや生物多様性保全に関わる研究などを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと14

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ