本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
永遠の仔(4)
  • Googleプレビュー

永遠の仔(4) 抱擁 (幻冬舎文庫)
天童荒太

575円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2004年11月
  • 著者/編集:   天童荒太
  • 関連作品:   永遠の仔
  • レーベル:   幻冬舎文庫
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  345p
  • ISBNコード:  9784344405837

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
笙一郎と梁平の三人だけで母の葬儀を終えた優希は、悲しみを振り払うように再び病院に戻っていた。失踪を続けていた聡志は笙一郎の前に現れ、事件の真相と姉への思いを語り始めるが、捜査の手が伸びたことで再度逃走を図り、交通事故に遭い病院に搬送される。意識を取り戻した聡志に、優希は長年抱えてきた秘密を告白する決意を固めたが…。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
天童荒太(テンドウアラタ)
1960年愛媛県生まれ。86年「白の家族」で野性時代新人賞、93年「孤独の歌声」で日本推理サスペンス大賞優秀作、96年「家族狩り」で山本周五郎賞、2000年「永遠の仔」で日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(49件)

総合評価
 4.23

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2006年12月03日

    お勧めの小説です。これを読んで自分の人生を改めて振り返ったり、目の前にある悩みなどと戦ってほしいですね。
    それだけ重く心に響く本だと思うので皆さんに読んでほしいです。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2005年12月18日

    友人から借りて読みました。今年読んだ中で記憶に残る1冊です。人間の存在とは何か?愛とは?友情とは?なにげない日常を送る私に強烈な印象を残しました。長いのですが、あっという間に読み終わりました。泣ける本としてもよく取り上げられてるようです。天童荒太の作品の特徴は仕上がるまでに準備期間が相当必要あるということが読めばわかります。全部いい本です。中でもこれが一番おすすめ。

    1人が参考になったと回答

  • 家族×ミステリー
    RabBIT
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年11月03日

    小さい頃に家庭で傷を負った登場人物たちがそれぞれどのように大人や世界を見て、どのように生きて行くのか。長編作品ですが、一気に読んでしまいます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年06月17日 - 2019年06月23日)

     :第-位( - ) > 文庫:第-位( - ) > 人文・思想・社会:第9964位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

575円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    2. 2
      響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章(後編)
      響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部…

      武田綾乃

      745円(税込)

    3. 3
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    4. 4
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    5. 5
      【予約】今昔百鬼拾遺 天狗
      【予約】今昔百鬼拾遺 天狗

      京極 夏彦

      766円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ