本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

新海誠 国民的アニメ作家の誕生 (集英社新書)
土居 伸彰

990(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2022年10月17日頃
  • 著者/編集:   土居 伸彰(著)
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784087212372

よく一緒に購入されている商品

  • 新海誠国民的アニメ作家の誕生(集英社新書)[土居伸彰]
  • +
  • 新海誠論[藤田直哉]
  • 新海誠 国民的アニメ作家の誕生 (集英社新書)
  • 土居 伸彰

990円(税込)

在庫あり

2,200円(税込)

在庫あり

合計 3,190円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

【「個人作家」としての新海誠の特異性が明らかに】
『君の名は。』と『天気の子』が大ヒットを記録し、日本を代表するクリエイターになった新海誠。
11月11日には最新作『すずめの戸締まり』が公開予定であり、大きなヒットが期待されている。
しかし新海は宮崎駿や庵野秀明とは異なり、大きなスタジオに所属したことがない異端児であった。
その彼がなぜ、「国民的作家」になり得たのか。
評論家であり海外アニメーション作品の紹介者として活躍する著者が、新海誠作品の魅力を世界のアニメーションの歴史や潮流と照らし合わせながら分析。
新海作品のみならず、あらゆるアニメーションの見方が変わる1冊。

【目次】

序 章 新海誠を振り返る
第一章 巨大な個人制作の時代
第二章 モーションからエモーションへーー美しすぎる世界を前に、私たちは燃料になる
第三章 国民的ヒット作『君の名は。』 -器としての人間
第四章 『天気の子』 国民的作家の完成ー「勘違い」の物語


【主な内容】
■新海誠が目指す「絆創膏」としてのアニメ
■100年に渡る「個人作家」の歴史から見る新海誠
■国民的作家になる予兆は新海誠が手掛けた「Z会のCM」にあった
■観客の感情移入を生む新海作品の「棒線画性」とインタラクティブ性
■新海作品の「現実の肯定」と21世紀のアニメーションの文脈
■ディズニーと真逆の方法で「感動」を生み出す
■エイゼンシュテイン・ディズニー・新海誠
■新海誠はあえて人間を描かない
■人間よりも背景が生きている
■人間を動物として捉える
■「文芸作家」としての新海誠
■新海作品とオカルト
■20世紀のアニメーションの常識を覆した『彼女と彼女の猫』
■現代の寓話としての『ほしのこえ』
■『秒速5センチメートル』の「人間不在」と「過剰なまでの一体化」
■『言の葉の庭』の「キャラっぽさ」の不在
■『君の名は。』に見る新海作品の人間観
■『天気の子』のポピュリズム性

【著者略歴】
土居伸彰(どい のぶあき)
アニメーション研究・評論家、株式会社ニューディアー代表、ひろしまアニメーションシーズン プロデューサー。
1981年東京生まれ。
非商業・インディペンデント作家の研究を行うかたわら、作品の配給・製作、上映イベントなどを通じて、世界のアニメーション作品を紹介する活動に関わる。
著書に『個人的なハーモニー ノルシュテインと現代アニメーション論』『21世紀のアニメーションがわかる本』(フィルムアート社)、『私たちにはわかってる。アニメーションが世界で最も重要だって』(青土社)。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

『君の名は。』と『天気の子』が大ヒットを記録し、日本を代表するクリエイターになった新海誠。彼は宮崎駿や庵野秀明といった日本のアニメーション作家たちとは異なり、大きなスタジオに所属したことがなく、パソコンによる個人制作からキャリアをスタートした「異端児」であった。新海はなぜ「国民的作家」になり得たのか。本書では新海誠の魅力を、世界のアニメーションの歴史を起点に分析。新海作品や日本のアニメーションのみならず、あらゆるアニメーションの見方が変わる!

目次(「BOOK」データベースより)

序章 新海誠を振り返る(新海誠とはどのような人物か/初期作品を振り返るー『彼女と彼女の猫』から『星を追う子ども』まで ほか)/第1章 巨大な個人制作の時代(デジタル化がもたらすアニメーション制作の「民主化」/個人制作の歴史 ほか)/第2章 モーションからエモーションへー美しすぎる世界を前に、私たちは燃料になる(新海誠は、あえて人間を描かない/アニメーションで「泣ける」ことはいかにして普通となったか ほか)/第3章 国民的ヒット作『君の名は。』-器としての人間(いかにして国民的ヒット作は生まれたか/『言の葉の庭』 ほか)/第4章 『天気の子』国民的作家の完成ー「勘違い」の物語(『天気の子』はドラマとして「普通に面白い」/『君の名は。』以後 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

土居伸彰(ドイノブアキ)
1981年東京生まれ。アニメーション研究・評論家、株式会社ニューディアー代表、ひろしまアニメーションシーズンプロデューサー。非商業・インディペンデント作家の研究を行うかたわら、作品の配給・制作、上映イベントなどを通じて、世界のアニメーション作品を紹介する活動に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.00

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      国民は知らない「食料危機」と「財務省」の不適切な関係
      国民は知らない「食料危機」と「財務省」…

      鈴木 宣弘

      990円(税込)

    2. 2
      開業医の正体
      開業医の正体

      松永正訓

      990円(税込)

    3. 3
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術

      山崎元

      869円(税込)

    4. 4
      【予約】ONE PIECE novel HEROINES [ Colorful ]
      【予約】ONE PIECE novel HEROINES [ Co…

      尾田 栄一郎

      858円(税込)

    5. 5
      メンタル脳
      メンタル脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ