本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 建設工学

多視点性と成熟 学び・交流する場所の必要性
内田 樹

990(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年03月06日頃
  • 著者/編集:   内田 樹(著)
  • 出版社:   東信堂
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  80p
  • ISBN:  9784798918280

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

公害経験継承と多様な人々との協働から始まる、「地域の価値」の創造と新しい運動。様々な考え方をもつ市民が葛藤を抱えながらも協働し、学びあうことが「市民的成熟」をもたらす。それによって「公共」が再構築されてゆく。“学び・交流する場所”としての公害資料館はその媒介者となる。

目次(「BOOK」データベースより)

1 「みずしま資料交流館」オープン記念講演会の記録(はじめにー「みずしま資料交流館」開設の背景/多視点性と成熟ー学び・交流する場所の必要性/質疑応答とまとめ)/2 公害経験の継承と協働のまちづくりー「みずしま資料交流館」は何をめざしているか(大気汚染訴訟から協働のまちづくりへ/維持可能な内発的発展と「環境再生のまちづくり」/地域再生プランの到達度評価とバージョンアップ/多視点性とは何か/公害経験の継承を通じた協働の模索/「みずしま地域カフェ」の取り組み/「困難な過去」に向き合う/「みずしま資料交流館」は何をめざしているか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

内田樹(ウチダタツル)
1950(昭和25)年、東京生まれ。神戸女学院大学名誉教授。武道家、多田塾甲南合気会師範。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞受賞、著作活動全般に対して伊丹十三賞受賞。神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      エアブラシの教科書
      エアブラシの教科書

      2,200円(税込)

    2. 2
      バッタを倒すぜ アフリカで
      バッタを倒すぜ アフリカで

      前野ウルド浩太郎

      1,650円(税込)

    3. 3
      ココロさえずる 野鳥ノート
      ココロさえずる 野鳥ノート

      mililie

      1,980円(税込)

    4. 4
      ウォード博士の驚異の「動物行動学入門」 動物のひみつ
      ウォード博士の驚異の「動物行動学入門」…

      アシュリー・ウォード

      2,200円(税込)

    5. 5
      こんなに面白い!日本の化学産業
      こんなに面白い!日本の化学産業

      渡部清二

      1,760円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ