LSI設計者のためのCMOSアナログ回路入門
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

CMOSアナログ回路入門 LSI設計者のための (半導体シリーズ)
谷口研二

3,080円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2005年01月01日頃
  • 著者/編集:   谷口研二
  • レーベル:   半導体シリーズ
  • 出版社:   CQ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  335p
  • ISBNコード:  9784789830379

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
CMOS LSI時代に求められるアナログ回路の基礎を、わかりやすく解説。CMOSアナログ回路のエンジンであるMOSFETの動作原理から、増幅回路、バイアス回路、フィードバック回路などの回路ブロック、OPアンプ、A-Dコンバータ、スイッチト・キャパシタ回路などの応用回路を取り上げている。

【目次】(「BOOK」データベースより)
アナログ集積回路の予備知識/MOSFETの動作/MOS増幅回路の基礎/増幅回路の周波数特性/アナログ回路のノイズ/差動増幅回路/バイアス回路と参照電源回路/コンパレータ回路/素子マッチングとレイアウト/フィードバック回路/OPアンプ/フィルタの伝達関数/連続時間フィルタ回路/スイッチト・キャパシタ〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
谷口研二(タニグチケンジ)
1973年大阪大学大学院工学研究科電子工学専攻修士課程修了。1975年東芝入社、総合研究所でMOS集積回路の製造プロセスの技術開発に従事。1981年米国MIT客員研究員。1986年大阪大学工学部電子工学科助教授、半導体プロセス・デバイスのシミュレーション技術の研究。1998年大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻教授、アナログ回路の設計、半導体デバイスの信頼性の研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.29

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年04月30日

    初心者にも分かりやすく書かれていて良かったです.

    0人が参考になったと回答

  • 良い
    りん01137819
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2012年02月06日

    基礎回路構成、考え方の勉強をするのに最適です。また、他の欲しい参考書よりも安く満足してます。

    0人が参考になったと回答

  • あーたんず
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2008年04月17日

    日本の権威の方が日本語で書かれており分かりやすい。
    内容もアナログCMOS回路について一通り網羅している。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年01月20日 - 2020年01月26日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第3579位(↑) > 工学:第1552位(↑) > 電気工学:第475位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,080円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ