本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会
  • どちらかが彼女を殺した新装版(講談社文庫)[東野圭吾]
  • どちらかが彼女を殺した新装版(講談社文庫)[東野圭吾]
  • どちらかが彼女を殺した新装版(講談社文庫)[東野圭吾]
どちらかが彼女を殺した新装版(講談社文庫)[東野圭吾]
  • Googleプレビュー

どちらかが彼女を殺した 新装版 (講談社文庫)
東野 圭吾

836(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • どちらかが彼女を殺した新装版(講談社文庫)[東野圭吾]
  • +
  • 私が彼を殺した新装版(講談社文庫)[東野圭吾]
  • どちらかが彼女を殺した 新装版 (講談社文庫)
  • 東野 圭吾

836円(税込)

在庫あり

957円(税込)

在庫あり

合計 1,793円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

ミステリ界にケンカを売りたかった --東野圭吾
ミステリファンが驚愕した伝説の作品

☆☆☆

兄は復讐を決意した。
刑事はその企みに気づいた。
二人の対決の行方は?

☆☆☆

「お兄ちゃん以外、信じられなくなっちゃった」
電話は切れ、妹は殺された。
愛知県交通課の兄・和泉は、
犯人への復讐を決意し、現場の証拠を隠蔽する。

容疑者は元恋人の男と親友の女。
決め手が見つからないなか、
練馬署の加賀刑事だけは兄の工作を嗅ぎ取る。

あなたに真相が見抜けるか。
究極の”犯人当て”小説。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「お兄ちゃん以外、信じられなくなっちゃった」電話は切れ、妹は殺された。愛知県警交通課の兄・和泉は、犯人への復讐を決意し、現場の証拠を隠蔽する。容疑者は元恋人の男と親友の女。決め手が見つからないなか、練馬署の加賀刑事だけは兄の工作を嗅ぎ取る。あなたに真相が見抜けるか。究極の“犯人当て”小説。

著者情報(「BOOK」データベースより)

東野圭吾(ヒガシノケイゴ)
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫)で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』(PHP文芸文庫)で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』(講談社文庫)で第48回吉川英治文学賞、2019年、出版文化への貢献度の高さで第1回野間出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(43件)

総合評価
 3.77

ブックスのレビュー(3件)

  • (無題)
    ☆☆くろ☆☆
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2023年12月26日

    予想外の展開…
    こんな結末とは…
    でも一気に読んでしまいました!

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年12月08日

    このシリーズは面白いです。中学生の甥も、東野圭吾が好きらしく、図書館で借りたりしていると言っていましたが、最初の方は読めてないらしく、小説好きの私が集めてみることにしました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年10月10日

    本のカバーに「究極の犯人当て小説」と記載されている通り、本編を読んだだけでは(普通の人には)まず絶対に犯人はわからないでしょう。巻末の袋綴じ解説を読めば、さすがにわかりますが・・・。物語の時代設定としては、女性社員のコトブキ退社(結婚退職)が普通のことだった昭和五十〜六十年代というところでしょうか。悪い意味での「女」のパターンにはまったような、見た目の可愛らしさを武器にする女性が当時は結構多かったですからね(今もいるかもしれませんが)。ある登場人物の「無意味な復讐は赤穂浪士だけでたくさんだ」という言葉も名言だと思いました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年02月12日 - 2024年02月18日)

     :第4868位(↓) > 文庫:第413位(↓) > 人文・思想・社会:第322位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      「私」という男の生涯
      「私」という男の生涯

      石原 慎太郎

      869円(税込)

    2. 2
      52ヘルツのクジラたち
      52ヘルツのクジラたち

      町田そのこ

      814円(税込)

    3. 3
      月下のサクラ
      月下のサクラ

      柚月裕子

      902円(税込)

    4. 4
      三体
      三体

      劉 慈欣

      1,210円(税込)

    5. 5
      刑事の枷
      刑事の枷

      堂場 瞬一

      924円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ