本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > 美術 > その他

上路市剛作品集『受肉|INCARNATION』
上路市剛

4,400(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年06月23日頃
  • 著者/編集:   上路市剛(著)
  • 出版社:   アートダイバー
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  92p
  • ISBN:  9784908122224

商品説明

内容紹介(出版社より)

フィレンツェ・アカデミア美術館のダビデ像(ミケランジェロ作)や、京都・六波羅蜜寺の空也上人立像(康勝作)など、美術ファンならずとも一度は目にしているであろう著名な作品をモチーフとして、そこに現代人の身体を「受肉」させる手法で知られる彫刻家・上路市剛。
本物と見紛うほどのリアルな彫刻は、塑像制作にはじまり、シリコンによる型取り、点描による彩色、髪や髭の1本ずつの植毛といった、膨大な工程を経て生み出されている。
こうした執拗とすらいえる制作過程を支えるのが、「同性愛的美意識」だと上路は言う。
上路は自身がゲイであることを公言しているが、ここでいう「同性愛的美意識」とは、必ずしもゲイ・アートのような直接的な同性愛表現ではなく、同性愛者ならではの視点がなければ成し得ない造形や描写を生み出す視点のことである。
上路の制作行為は、過去の名作の中に特異点的に現れた「同性愛的な美意識」をシミュレーションすることから始まる。先人の作品をシミュレーションすることで、彼らの衝動を追体験し、また、上路自身の衝動も重ねながら彫刻に向き合う。
美術史の裏側に隠されたこうした「美意識」を、現代を生きる作家のフィルターで強調することによって、美術史に新たなリアリティを与えることが、彫刻を通して挑むテーマとなっている。
人物彫刻をリアリズムの手法でつくることは、大変な肉体的負担を要する。にもかかわらず、そうしたスタイルを選択せずにはいられない美への欲求が人物彫刻にはあると上路は言う。その欲求の強度こそが、「同性愛的な美意識」を「普遍的な美意識」に昇華させ、後世に残る作品を生み出す土壌となるのだろう。
図版

寄稿:
冨澤治子(熊本市現代美術館)
菅原康志(自治医科大学形成外科客員教授、造形医学研究所所長)

作品解説

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      7日で完全攻略! 世界一やさしいポーカーの勝ち方
      電子書籍7日で完全攻略! 世界一やさしいポーカ…

      世界のヨコサワ

      1,650円(税込)

    2. 2
      心に効く美容
      電子書籍心に効く美容

      MEGUMI

      1,320円(税込)

    3. 3
      すのかすみ。
      電子書籍すのかすみ。

      森香澄

      3,135円(税込)

    4. 4
      ネトゲ戦記
      電子書籍ネトゲ戦記

      暇空 茜

      1,650円(税込)

    5. 5
      横野すみれ写真集「No One」
      電子書籍横野すみれ写真集「No One」

      横野すみれ

      3,410円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ