エントリー&楽天ブックスで1,000円以上購入した方へマックフライポテトをプレゼント!
名誉毀損裁判
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

名誉毀損裁判 言論はどう裁かれるのか (平凡社新書)
浜辺陽一郎

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 名誉毀損裁判 842円
紙書籍版 名誉毀損裁判 842円

商品基本情報

  • 発売日:  2005年01月
  • 著者/編集:   浜辺陽一郎
  • 出版社:   平凡社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  237p
  • ISBNコード:  9784582852561

商品説明


【出版社からの情報】
表現の自由と人格権がぶつかりあう名誉毀損裁判。「不適切な表現」はいかにして決められるのか。ネット社会を迎えて誰もが加害者になりうる時代、その問題点とカラクリを説く。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
表現の自由と人格権がぶつかりあう名誉毀損裁判。だが、ときとしてその判決が、不合理な結果とも映るのはなぜだろう。これまで言論はいかに裁かれてきたのか。「不適切な表現」はいかにして決められるのか。そして、そもそも言論はどのように裁かれるべきなのか。その実情と問題点を説く!ネット社会を迎えて誰もが名誉毀損の加害者になりうる時代、表現の自由と人格権の、より適切な調和への提言。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 名誉毀損訴訟になる事件とは(犯罪としての名誉毀損/あらゆる表現活動が対象に ほか)/第2章 名誉毀損裁判の戦後史(「一般読者の普通の注意と読み方」/読者の知的水準を論じた裁判所 ほか)/第3章 名誉毀損事件はどう扱われているか(民事裁判と刑事裁判/事前の交渉 ほか)/第4章 名誉毀損訴訟の構造的問題(名誉のとらえがたさ/人の「名誉」を把握する上でポイントとなるのは何か ほか)/第5章 あるべき言論と改革のポイント(自主規制の可能性/自主的な紛争解決機関の活用で充分か ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
浜辺陽一郎(ハマベヨウイチロウ)
1961年石川県生まれ。85年、慶応義塾大学法学部法律学科卒業。インディアナ州立大学ロースクール法学修士号(LL.M.)取得。早稲田大学大学院法務研究科客員教授、森・浜田松本法律事務所弁護士。第二東京弁護士会会員、ニューヨーク州弁護士会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

842円(税込)

送料無料

お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      東大から刑務所へ
      東大から刑務所へ

      堀江貴文

      885円(税込)

    2. 2
      世界一美味しい煮卵の作り方
      世界一美味しい煮卵の作り方

      はらぺこグリズリー

      972円(税込)

    3. 3
      日本二千六百年史
      日本二千六百年史

      大川周明

      1,188円(税込)

    4. 4
      定年後
      定年後

      楠木新

      842円(税込)

    5. 5
      孤独のすすめ
      孤独のすすめ

      五木寛之

      799円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ