ライフスタイル本フェアフェア2023
現在地
トップ >  > 小説・エッセイ > エッセイ > エッセイ
  • ある限界集落の記録昭和二十年代の奥山に生きて[小谷裕幸]
  • ある限界集落の記録昭和二十年代の奥山に生きて[小谷裕幸]
ある限界集落の記録昭和二十年代の奥山に生きて[小谷裕幸]
  • Googleプレビュー

ある限界集落の記録 昭和二十年代の奥山に生きて
小谷裕幸

2,200(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年08月04日頃
  • 著者/編集:   小谷裕幸
  • 出版社:   富山房企畫
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  230p
  • ISBN:  9784866001166

商品説明

内容紹介(出版社より)

著者の生まれ故郷、岡山県新見市上熊谷の指野集落は、中国山地の奥深くに位置しており、電気がついたのは昭和22(1947)年、道路が通じたのは昭和35(1960)年だった。昭和20年代に12軒、数百人を超える住民で賑わっていたが、現在は3軒に暮らす、十人にも満たない人々を残すのみとなってしまった。
著者は青年期に故郷を離れ、ドイツ文学の研究者となったが、いま改めて、故郷の忘れられゆくかつての暮らしを残しておこうと記録したのが本書である。昭和20年代の集落の様子と生活がつぶさに描かれ、高度経済成長期以前の奥山の暮らしと、そこに生活する人々の喜怒哀楽が甦る。筆者の母や兄弟の人生も語られ、戦後日本の山村出身者一家のひとつの歴史を見ることが出来る。それは、地縁や血縁の共同体のかつての姿と、それらが消滅していく過程でもあった。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

消えゆくふるさとへの思い。岡山県中国山地、山あいの小さな集落ー。戦中・戦後、家族が辿った人生と、高度経済成長期以前の生活を、ドイツ文学者が鎮魂の書として綴った貴重な記録。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 集落の風景(山あいの村/十二の家物語/奥山の水事情/家の造り)/第2章 四季のいとなみと行事(季節ごとの農作業/自給自足の豊かな食卓/節目の行事)/第3章 日常の楽しみと苦労(子どもの遊び/家計と家/家族の病気と治療/日々の暮らし)/終章 消えゆくふるさと(ふるさとの八十年/母の手まり(貞安/節子))

著者情報(「BOOK」データベースより)

小谷裕幸(コダニヒロユキ)
1940年岡山県生まれ。大阪大学文学部卒業、同大学院修士課程修了(独文学)、鹿児島大学名誉教授、独語・独文学、児童文化論専攻。ゲーテの文学、マックス・フリッシュの文学、スイス社会の研究を経て、現在は説話の研究に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと11

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ