[エンタメ市!] 全ジャンル対象! 条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 経営 > 経営戦略・管理

メンタリング・マネジメント 共感と信頼の人材育成術
福島正伸

1,650(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2005年01月
  • 著者/編集:   福島正伸
  • 出版社:   ダイヤモンド社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  253p
  • ISBN:  9784478360743

商品説明

目次(「BOOK」データベースより)

人材育成とは何か/期待される人材像ー自立型人材と依存型人材/依存型人材を育成する管理者/自立型人材を育成するメンターの条件/メンタリングの三つの行動基準(第一の行動基準“見本”/第二の行動基準“信頼”/第三の行動基準“支援”)/メンタリングの実践ノウハウ/メンタリングについての考察/メンターとメンティー/メンターの存在価値

著者情報(「BOOK」データベースより)

福島正伸(フクシママサノブ)
1958年東京墨田区生まれ。早稲田大学法学部卒業。コンサルタント会社に就職するも、同月退社。1984年株式会社ビーボード設立、代表取締役就任。1985年青年起業家協会設立会長就任。1988年株式会社就職予備校(現アントレプレナーセンター)設立、代表取締役就任。1989年日本青年起業家協会(旧青年起業家協会)会長就任。同年、国際青年起業家総会開催。旧通産省産業構造審議会委員をはじめ、各種委員を歴任。専門は、自立型社員による組織活性化支援、新規事業支援、創業支援(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(34件)

総合評価
 4.35

ブックスのレビュー(5件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年10月18日

    企業の社長や人を育成する立場の人向けに書かれていますが、教育の場である学校の教師にも当てはまるし、
    親子・夫婦・友人関係・ご近所付き合い・ママ友などなど、人が二人以上集まる関係性すべてに応用できるスキルが書かれています。
    自分の思い通りに動いて欲しいのが前提となる「教えて(圧をかけて)やらせる」のではなく、
    まずは自分が聴く耳を持ち学ぶ姿勢が大切で、信頼信用を得られる行動を上司や先生・親の立場の人が率先して楽しみながら取り組む。
    その上で部下や生徒・子供に「自主的に考えて行動してもらう」と言う姿勢が大切だと教えてくれる本です。
    すべての人に共通して言えることなので、教育の場で、学問として学べる機会があると良いのになぁと思いました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    ざっきー122
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2018年06月03日

    勧められて読んで見た。他人は自分の鏡。他人を変えるならまずは自分から。そんな感じの本です。著者の福島正伸さんの考え方がどこまでもポジティブで読んでてそこまでできる気がしない。いい本だと思ううけど実践するにはかなりのハードルだと思う。だから自分の成長につながるってことなんでしょう。ゆっくりと自分のペースで徐々に取り入れていけたらと思いました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    とよお
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2014年04月20日

    人の心理を学ぶためじっくり読み込もうと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと11

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ