本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 心理学 > 心理学一般
  • インポスター症候群本当の自分を見失いかけている人に知ってほしい[小高千枝]
  • インポスター症候群本当の自分を見失いかけている人に知ってほしい[小高千枝]
  • インポスター症候群本当の自分を見失いかけている人に知ってほしい[小高千枝]
インポスター症候群本当の自分を見失いかけている人に知ってほしい[小高千枝]
  • Googleプレビュー

インポスター症候群 本当の自分を見失いかけている人に知ってほしい
小高 千枝

1,870(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年07月13日
  • 著者/編集:   小高 千枝(著)
  • 出版社:   株式会社法研
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  352p
  • ISBN:  9784865139242

商品説明

内容紹介(出版社より)

■70%の人が1度は経験するという報告もあるインポスター症候群を徹底解説。偽りの自分を演じることで感じる息苦しさを楽にするヒントが満載!

「自分に自信が持てない……」
「周りから期待されることが息苦しい……」
「本当はたいした人間でないと、いつ悟られるか不安……」

こうした悩みを抱えている人はたくさんいると思います。
そんな方にぜひ知っていただきたいのが「インポスター症候群」です。

インポスターには「詐欺師」や「偽物」といった意味がありますが、インポスター症候群(impostor syndrome)とは、自分を肯定することができないため、周りから称賛されても、それを受け入れることができず、詐欺師のように周りを「騙している」という感覚に陥ってしまう心理傾向のことです。
日本ではまだあまり知られていませんが、70%の人が人生で1度はインポスター症候群を経験したことがあるという研究報告もあるほど身近なもので、海外ではインポスター症候群に苦しんだことがあると表明している著名人がたくさんいます。

・実績や仕事ぶりを認められても「自分の実力ではない」「周りのおかげ」「運が良かっただけ」「次回もうまくいくとは限らない」などと捉えてしまう人
・昇進を打診されても「自分は適していない」と思って固辞してしまう人

こうした人はインポスター症候群に陥っている可能性がありますが、謙遜を美徳と捉えがちな日本人はインポスター症候群に陥りやすい面があり、広く知られてほしい概念です。

特にSNSがこれだけ普及した社会を生きていくうえで、インポスター症候群について知っておくことは、とても大切なことです。なぜなら、SNSを駆使することで、以前よりも簡単に注目を集めやすい時代になりましたが、何の前触れもなく急激に注目を集めると、環境の激しい変化に気持ちが追いつかないことが珍しくありません。自分が望んだことにもかかわらず、いざ叶うと自分を見失ってしまい、「こんなの本当の自分ではない……」と苦しんでしまうことがよく起こります。

また、インポスター症候群は男性よりも女性の方が陥りやすい傾向があります。聡明で有能な女性、高いキャリアを築いている女性や専門職の女性に多く見られる傾向があることから、女性活躍推進の一環で女性管理職の比率向上が求められている中、インポスター症候群について知っておくことは、企業の人事労務の観点からも重要になってきています。

(自分が自分じゃないみたい……)

こうした悩みを抱えながら過ごすことは、苦しいものです。しかし、その原因がわかれば、対処法が見えてきます。その息苦しさを、きっと楽にすることができるでしょう。

本書は、公認心理師であり、早い時期からインポスター…

内容紹介(「BOOK」データベースより)

その苦しさ、自信のなさ、不安…インポスター症候群だからかもしれません。SNS全盛の今の時代、心穏やかに過ごすために知っておくべきインポスター症候群を公認心理師が徹底解説。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 インポスター症候群の理解(まずは知ることからスタートーインポスター症候群について/SNS時代の落とし穴ーSNSはインポスター症候群にも大きく影響/どうなってしまう?-インポスター症候群の状態を知る/なぜなってしまう?-インポスター症候群の要因を知る)/第2部 インポスター症候群の克服(自分を知ることが克服の第一歩ー本当の自分を見失わないことが大切/自信について理解を深めるーインポスター症候群克服のキーワード/インポスター症候群を克服するためにー自己肯定感を高めることが克服の道/日頃から心掛けておきたいことー心の不調を遠ざけるために/インポスター症候群の人と接するときー上手に向き合い自己承認を促す)

著者情報(「BOOK」データベースより)

小高千枝(オダカチエ)
メンタルヘルスケア&マネジメントサロン代表・公認心理師。絵本作家になりたかった夢と、人格形成における人間の心に触れたいとの思いから幼稚園教諭として従事した後、一般企業にて人事、秘書、キャリアカウンセラーを経験し、人に寄り添うことをキーワードに社会経験を積む。同世代の女性の気持ちに寄り添うカウンセリングを中心に、メンタルケアの分野の幅を広げ、多くの女性が悩む男女関係、モラルハラスメント、DV、ダイエット依存、対人コミュニケーションなどの個人カウンセリング、企業における自己実現やセルフマネジメントのサポート、ウェルビーイング、メンタルトレーニングなどを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年04月01日 - 2024年04月07日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 心理学:第1261位(↑) > 心理学一般:第495位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2024年 4月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 4月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      書いてはいけない
      電子書籍書いてはいけない

      森永卓郎

      1,540円(税込)

    3. 3
      世界は経営でできている
      電子書籍世界は経営でできている

      岩尾俊兵

      935円(税込)

    4. 4
      ある行旅死亡人の物語
      電子書籍ある行旅死亡人の物語

      武田惇志

      1,760円(税込)

    5. 5
      大白蓮華 2023年 4月号
      電子書籍大白蓮華 2023年 4月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ