本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

戦時下のウクライナを歩く (光文社新書)
岡野直

946(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年07月20日
  • 著者/編集:   岡野直(著)
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBN:  9784334046712

よく一緒に購入されている商品

  • 戦時下のウクライナを歩く(光文社新書)[岡野直]
  • +
  • アフガニスタンの素顔「文明の十字路」の肖像(光文社新書)[青木健太]
  • 戦時下のウクライナを歩く (光文社新書)
  • 岡野直

946円(税込)

在庫あり

合計 1,980円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

2022年2月24日、突如として始まったロシアのウクライナ侵攻。「首都キーウはすぐに陥落する」という各国の予測を覆し、ウクライナは今も徹底抗戦を続ける。戦いの趨勢は逐一報道され、ゼレンスキー大統領の一挙手一投足は注目の的だ。ウクライナのニュースを目にしない日はない。一方で、ウクライナで今を生きる人々の声を聞くことは少ないのではないだろうか。強いられた地下壕での避難生活、ロシア軍による拉致・監禁、自宅近くに落ちるミサイルー。戦争で変わった日常に対して、彼らは何を感じて、日々をどう暮らしているのだろうか。本書では、そんな戦時下で生きる人々の声を、ジャーナリストが実際に現地を歩いて記録。ウクライナの人々の本音に耳を傾ける。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 立ち上がる人、逃れる人ーキーウ首都防衛戦の中で/第2章 占領下の町で何があったのかー拷問され、遺体となった隣人/第3章 消滅した50万人都市ーそこでは何が起きたのか/第4章 文化と言語をめぐる戦いーバイリンガル社会のゆくえ/第5章 ボランティアが支える市民生活ー助け合いの絆を断たないために/第6章 戦争の前線に立つ市民ー彼らはなんのために戦うのか/第7章 キーウの豊かな生活の裏でーミサイルが落ちてくる日常/第8章 市民が語るゼレンスキー大統領ーウクライナを一つにしたもの

著者情報(「BOOK」データベースより)

岡野直(オカノタダシ)
1960年、北海道生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒業。’85年、朝日新聞社入社。プーシキン・ロシア語大学(モスクワ)に留学後、朝日新聞西部本社社会部を経て、東京社会部で基地問題や自衛隊・米軍を取材。シンガポール特派員の経験もあり、ルワンダ虐殺、東ティモール紛争、アフガニスタン戦争など、紛争地取材の経験も多い。2021年からフリー。全国通訳案内士(ロシア語)。関心はウクライナ、ロシア、観光、文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと10

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ