本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 漫画(コミック) > 青年 > 小学館 サンデーGX C

薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜(17) (サンデーGXコミックス)
日向 夏

9位 青年部門 楽天ブックス日別ランキング(2024年04月23日)ランキングを見る

759(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

シリーズ累計2400万部突破!!

謎の女・翠苓と(スイレイ)、下女仲間・子翠(シスイ)は
裏で繋がっている姉妹だった──!!
北方にある二人の故郷の里へと連れ去られ、
猫猫(マオマオ)は軟禁状態。
そんな折、薬の実験が行われていそうな気配を感じ
里の外の倉庫へ潜入した猫猫、しかしそこは
最新型飛発(鉄砲)の部品が大量にある、
まるで兵器工房で…!?
一方、高官・子昌(シショウ)が
よからぬ企てをしている情報を知った壬氏(ジンシ)は、
「本来の立場」に戻ることを迫られて!?

超絶ヒットノベル、コミカライズ第十七弾!!

商品レビュー(29件)

総合評価
 4.68

ブックスのレビュー(18件)

  • 壬氏が皇弟として立ち、謎が収束する17巻
    scarlet-213
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年08月17日

    「薬屋のひとりごと 〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」は、主人公の猫猫が、宦官である壬氏のもとで、後宮で発生する謎を解いていく形式の物語です。
    それらの謎には、色弱の者にしか解けない問題や、発達障害における顔や表情の認識障害など、医学的要素が効果的に使われており、1つ1つの謎解きだけ読んでも楽しめる内容になっています。
    第17巻では、これまで猫猫が解いてきたすべての謎が、以下の点に収束していくクライマックスともいえる盛り上がりを見せてくれます。
    (1) 宦官である壬氏が、実は皇弟の華瑞月であり、何者かに命を狙われ続けていた。
    (2) 高官の子昌と皇妃の楼蘭親娘は、色弱であることから、西方の王母の血族であり、物語の舞台である茘の国を狙っていた。
    (3) 猫猫の父親である羅漢は、子昌の反逆の証拠を掴み、皇弟としての壬氏に禁軍の出兵を嘆願する。
    果たして、壬氏は皇弟である華瑞月として立ち上がり、茘の国を護り、誘拐された愛しい猫猫を救うことができるのか?

    5人が参考になったと回答

  • (無題)
    M.6
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年09月29日

    お気に入りのマンガです、最新刊も展開が面白いです。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年10月15日

    面白いです。
    速く続きが読みたくなります。

    2人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと39

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:漫画(コミック)

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ