悪について
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

悪について (岩波新書)
中島義道

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 悪について 842円
紙書籍版 悪について 842円

商品基本情報

  • 発売日:  2005年02月
  • 著者/編集:   中島義道
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  216p
  • ISBNコード:  9784004309352

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
残虐な事件が起こるたび、その“悪”をめぐる評論が喧しい。しかし、“悪”を指弾する人々自身は、“悪”とはまったく無縁なのだろうか。そもそも人間にとって“悪”とは何なのか。人間の欲望をとことん見据え、この問題に取り組んだのがカントだった。本書では、さまざまな文学作品や宗教書の事例を引きつつ、カント倫理学を“悪”の側面から読み解く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「道徳的善さ」とは何か/第2章 自己愛/第3章 嘘/第4章 この世の掟との闘争/第5章 意志の自律と悪への自由/第6章 文化の悪徳/第7章 根本悪

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中島義道(ナカジマヨシミチ)
1946年福岡県生まれ。1977年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1983年ウィーン大学基礎総合学部修了(哲学博士)。電気通信大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(24件)

総合評価
 4.24

ブックスのレビュー

  • 煙草魚
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2008年02月16日

    中島氏の著作はほとんど読んでおります。この本はカントが善をどのように考えたか〜善とは何か、悪とは何かについて詳細に検討してあります。はっきり言って読むのにとても苦労しましたが、読み終えると何だかすっきりと何かがわかったように感じました。チャレンジする価値ありの一冊です。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと5

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起き…

      河合 雅司

      928円(税込)

    2. 2
      明治維新の正体
      明治維新の正体

      鈴木荘一

      1,188円(税込)

    3. 3
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      限界のタワーマンション
      限界のタワーマンション

      榊 淳司

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ