[エンタメ市!] 全ジャンル対象! 条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > 美術 > その他
  • ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
  • ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
  • ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
  • ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
  • ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
  • ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
ガラスの器と静物画山野アンダーソン陽子と18人の画家[柴原聡子]
  • Googleプレビュー

ガラスの器と静物画 山野アンダーソン陽子と18人の画家
柴原 聡子

3,520(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年11月22日頃
  • 著者/編集:   柴原 聡子(編)
  • 出版社:   ブルーシープ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  152p
  • ISBN:  9784908356537

商品説明

内容紹介(出版社より)

ガラス食器をめぐり、連なるひとひらのように。
画家の言葉がガラスを、ガラスが絵画を、そしてガラスと絵画が写真を生み、
展覧会が生まれ、見る人と対話が生まれていく。

2018年、スウェーデン在住のガラス作家・山野アンダーソン陽子の発案で、山野が作ったガラスの器を18人の画家が静物画に描く「Glass Tableware in Still Life」プロジェクトが始まりました。
古くから身近なガラスという素材を介して、さまざまな文化的背景をもつアーティストたちは、言葉と想像力を通じた対話を経て作品を制作しました。そこから生まれたガラスの器と静物画を、写真家の三部正博が画家のアトリエで撮り下ろし、プロジェクトはアートブックとして結実。そして2023年11月、展覧会が行われます。

本書は、広島市現代美術館で始まり、全国を巡回する展覧会「ガラスの器と静物画 山野アンダーソン陽子と18人の画家」の公式図録です。図録のために撮り下ろした出品作品(絵画、ガラス、写真)の図版、全作品リストを収録するほか、山野のインタビュー、各会場のキュレーターによる論考、ガラス史の専門家によるコラムなど充実のテキストで、展覧会の全貌をまとめました。
宙吹きならではのわずかな歪みが美しいクリアーガラスの食器、それを受け取った画家たちによる親密な絵画、浮遊感をたたえたモノクロームの写真など、三者三様で表現され、それを見る人自身も、「ガラス食器」について無限の思いをめぐらせるような1冊です。

関連特集

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ