図鑑シリーズ
本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)
  • サラダでげんき
  • サラダでげんき(こどものとも絵本)[角野栄子]
サラダでげんき
  • Googleプレビュー

サラダでげんき (こどものとも絵本)
角野栄子

1,100(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • サラダでげんき
  • +
  • おとうとねずみチロのはなし
  • サラダでげんき (こどものとも絵本)
  • 角野栄子

1,100円(税込)

在庫あり

1,320円(税込)

在庫あり

合計 2,420円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



お母さんが病気 子供にとったら一大事ですね
おかあさんが元気になるようなこと 「げんきになるサラダを作ってあげよう」
りっちゃんの優しい気持ち(嬉しいですね)
ねこが かつおぶしを入れると 元気になりますよ
いぬはハム・すずめはとおもろこし・ありは、砂糖をちょっぴり
つぎつぎに動物たちがヒントをくれます
この展開が子ども心に響きそう なんと アフリカゾウが飛行機で驚きました
愛情いっぱいのサラダ みんなのヒントも取り入れて最高のサラダです

お母さんは? そりゃあ もちろん 元気よね!
 
子供の優しい気持ちが いっぱいの優しいお話しでした
長さんの絵も おもしろい ぞうのおしりなんか笑えます

子供たちに受けそうな絵本ですね
子供ってお母さんがだーいすきですもの(にぎりすしさん 50代・京都府 )

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(「BOOK」データベースより)

りっちゃんは病気になったお母さんのために、サラダを作りはじめました。そこへ動物たちが次々にあらわれて、サラダ作りのアドバイス。最後には飛行機でぞうまでがやってきて、サラダ作りを手伝ってくれました。

著者情報(「BOOK」データベースより)

角野栄子(カドノエイコ)
東京に生まれる。1960年ブラジルに出かけ2年間滞在。1970年頃より絵本、童話の創作をはじめる。『ズボン船長さんの話』で旺文社児童文学賞、『おおどろぼうブラブラ氏』で産経児童出版文化賞大賞、『魔女の宅急便』で野間児童文芸賞、小学館文芸賞、IBBYオナーリスト・文学作品賞を受賞。1984年路傍の石文学賞受賞。神奈川県在住

長新太(チョウシンタ)
1927年、東京に生まれる。漫画家、絵本作家。1959年『おしゃべりなたまごやき』で文藝春秋漫画賞受賞。1981年『キャベツくん』で第4回絵本にっぽん大賞受賞。1984年『ぞうのたまごのたまごやき』で第33回小学館絵画賞受賞。2002年第37回エクソンモービル児童文化賞受賞。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(50件)

総合評価
 4.51

ブックスのレビュー(13件)

  • みんなでつくる魔法のサラダ
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年03月18日

    角野栄子さんが文、長新太さんが絵を担当されているということで、4歳の姪の誕生日プレゼントのために購入しました。角野さん着てらっしゃるようなお洋服のように、とってもカラフルでお日様のような元気がでてくる絵本です。のびのびした長新太さんの絵がぴったり世界観にマッチしています。次から次へと家を訪ねてくる動物たちの表情も楽しくて、サラダのように読んでいるだけで元気になる絵本です。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年08月27日

    面白い!長新太さんに関連する絵本は大好きです。
    明るい色合い、楽しくなります。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    coco330
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年01月23日

    子供が「魔女の宅急便」が好きで、同じ作者なので購入。絵も独特な雰囲気で、テレビを見ていて長新太さんの作品が出てくると子供が「これ、サラダの絵だねー」と言ってきます。本の最後にみんなで元気にポーズをとっているのが好きみたいです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと18

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ