本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 社会学

コロナ禍と社会情報 インフォデミックの考現学
近藤 誠司

3,960(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年12月22日頃
  • 著者/編集:   近藤 誠司(著)
  • 出版社:   関西大学出版部
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  232p
  • ISBN:  9784873547732

商品説明

内容紹介(出版社より)

デマ、陰謀論、ディープ・フェイク…。高度情報社会の激流は、われわれから「情報の価値」を奪い去り、その一方で「価値の情報」に対する渇望を煽り続けている。われわれは、今後どのようにして情報空間をサバイブしていけばよいのだろうか。混乱の根底を見据えながら新たな処方を探ろうとする意欲的な著作。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 インフォデミックの時代/第1章 コロナ禍の情報空間/第2章 マスメディアの憂鬱/第3章 記者たちの苦悩/第4章 ヴァルネラブルの立ち位置から/第5章 若者たちのリアリティ/終章 情報化に、真に抗うこと

著者情報(「BOOK」データベースより)

近藤誠司(コンドウセイジ)
関西大学社会安全学部教授。1994年にNHKに入局。約20年間、ディレクターとして災害報道などに携わる。NHK神戸放送局「震災メッセージ」シリーズの企画・制作で、2004年、総務省消防庁の「防災まちづくり大賞」(消防科学研究センター理事長賞)を受賞。NHKスペシャル「メガクエイク 巨大地震〜KOBE 15秒の真実〜」(2010年)で、科学技術映像祭・内閣総理大臣賞、中華人民共和国・国際科学教育番組コンクール・銀獅子賞を受賞。2013年に京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻(博士後期課程)指導認定退学、博士(情報学)。翌年NHKを退職し、関西大学社会安全学部安全マネジメント学科の助教となる。2015年春に、同准教授、2022年春に、同教授。2023年春から、京都大学防災研究所客員教授を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2024年 7月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 7月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      小学生でもわかる世界史
      電子書籍小学生でもわかる世界史

      ぴよぴーよ速報

      1,700円(税込)

    3. 3
      パーティーが終わって、中年が始まる
      電子書籍パーティーが終わって、中年が始まる

      pha

      1,463円(税込)

    4. 4
      insight(インサイト)ーーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力
      電子書籍insight(インサイト)ーーいまの自分を正…

      ターシャ・ユーリック

      1,100円(税込)

    5. 5
      子どもとの関係が変わる自分の親に読んでほしかった本
      電子書籍子どもとの関係が変わる自分の親に読んで…

      フィリッパ・ペリー

      2,420円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ