本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学

認知症とEQ
田中 耕太郎

1,650(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年12月05日頃
  • 著者/編集:   田中 耕太郎(著)
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  176p
  • ISBN:  9784344690219

商品説明

内容紹介(出版社より)

「認知症介護者に知ってほしい、感情にまつわる話」
EQ活用促進のパイオニア シックスセカンズジャパン代表推薦

IQは衰えても、EQは鍛えることができる。
認知症の諸症状「妄想」「徘徊」「暴力」などには、ちゃんと理由があった!
介護と医療を第一線でつなぐ医師が辿り着いた、“認知症との上手な付き合い方”とはーー。
患者の思考回路を解明し、コントロールすることで、介護の質の向上・親族の
精神的ケアに結びつける。当初ビジネス用語として注目された「感情知能」を、
医学界に取り入れた革新的一冊。

【目次】

第1章  認知症におけるEQ
EQを用いた介護の必要性
IQとEQ
子どもの非認知能力
非認知能力としてのEQ
感動する能力
自己抑制する能力(自制心)
共感する能力
感情とは
普段気づいていない感情
感情を使いこなすための方法
感情を作り出す知恵
タクティールケア
感情についてさらに深く
第2章  認知症
認知症の原因
認知症の中核症状
認知症ケアの現場では
認知症の周辺症状
徘徊
昼夜逆転
暴力
夕暮れ症候群
被害妄想
認知症介護にEQを用いる
第3章  認知症とともに生きる
認知症患者とつきあってきて思うこと
家庭でできる認知症対策
家族で介護をする場合
家庭内介護と老人ホーム介護のメリット、デメリット
身につけておきたいEQによる感情のコントロール法
忘れられない認知症患者
介護の未来

内容紹介(「BOOK」データベースより)

介護と医療を第一線でつなぐ医師が辿り着いた、“認知症との上手な付き合い方”とはー。患者の思考回路を解明し、コントロールすることで、介護の質の向上・親族の精神的ケアに結びつける。当初ビジネス用語として注目された「感情知能」を、医学界に取り入れた革新的一冊。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 認知症におけるEQ(EQを用いた介護の必要性/IQとEQ/子どもの非認知能力 ほか)/第2章 認知症(認知症の原因/認知症の中核症状/認知症ケアの現場では ほか)/第3章 認知症とともに生きる(認知症患者とつきあってきて思うこと/家庭でできる認知症対策/家族で介護をする場合 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

田中耕太郎(タナカコウタロウ)
1968年鹿児島県生まれ、九州大学医学部卒。現在は、御所ヶ谷ホームクリニック院長。福岡県医師会理事、第6回ふくおか医療活動功労賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ