本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 伝記(外国)

エドワード・サイード ある批評家の残響
中井亜佐子

1,870(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2024年01月29日頃
  • 著者/編集:   中井亜佐子(著)
  • 出版社:   書肆侃侃房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784863856127

商品説明

内容紹介(出版社より)

エドワード・サイード没後20年

文学、音楽、パレスチナ問題など分野横断的に論じた批評家、エドワード・サイード。ポストコロニアル批評の先駆者として『オリエンタリズム』などの著作を残した。イスラエルによるガザへの軍事攻撃が激化。いまサイードの著作が読みなおされている。彼にとって、批評とはどのような営為だったのか? 没後20年をむかえた今、その思考の軌跡をたどりつつ、現代社会における批評の意義を問う。


【エドワード・サイードとは?】
1935年、エルサレム生まれ。幼少期をカイロで過ごす。ハーヴァード大学で博士号を取得。その後、コロンビア大学で比較文学を教えつつ、パレスチナ解放運動にかかわる。主著『オリエンタリズム』は、人文学の学問領域の再編をうながす画期的な著作。2003年、ニューヨークで逝去、2023年に没後20年を迎えた。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

サイードにとって、批評とは何だったのか?文学や音楽のみならず歴史や現実の政治など、分野をこえて論じた批評家、エドワード・サイード。ガザ危機が激化する今、パレスチナ問題についても果敢に発言した彼の思考の軌跡をたどりつつ、現代社会における批評の意義を問う。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 批評家を批評する(テクストは世界のなかにある/エドワード・サイードを語る/批評とは何か/批評家の残響を聴く)/第1章 ある批評家の残響(声を装うテクスト/批評の限界?/コンラッドを聴く/近代の不協和音/友だちにはなれない)/第2章 理論は旅をする(フレンチ・セオリー?/『はじまり』にフーコーもいた/オリエンタリズムの空間/廃墟の批評理論)/第3章 文化と社会(批評家と共同体/旅するレイモンド・ウィリアムズ/意図をとりもどす/批評意識は理論に抗う/アカデミアからパレスチナへ)/終章 人文学に“新しさ”は可能か(永遠に新しくあれ/言葉への愛/追記ー希望は棄てない)

著者情報(「BOOK」データベースより)

中井亜佐子(ナカイアサコ)
1966年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科教授。専門は英文学。オクスフォード大学博士課程修了(D.Phil.)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年04月08日 - 2024年04月14日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 歴史:第1312位(↓) > 伝記(外国):第243位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと18

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ