本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > 文学史(日本)

感染症を題材とした小説の世界〜新型コロナウイルス感染症を中心として〜
松下 美高

1,650(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2023年12月26日頃
  • 著者/編集:   松下 美高(著)
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  204p
  • ISBN:  9784344690196

商品説明

内容紹介(出版社より)

人類最大の危機!
パンデミックから身を守るすべはあるのかーー

『復活の日』『首都感染』『火定』など、感染症を題材とした小説の面白さを紹介しながら、
現実世界の感染症対策も論じる一冊

〈感染症を題材にした小説の効用〉
・感染症の脅威を伝え、危機意識や拡大防止の意識を高める。
・政府や地方公共団体の感染対策の不備を知り、適切な対策を求めるきっかけになる。
・感染症パンデミックの中で発生する人間の心理的弱さを知る。
・感染症と闘う医療従事者への感謝や尊敬を醸成する。
・感染症と闘う中で生まれる人間相互の助け合いの素晴らしさを知る。
・エンターテインメント性豊かな作品に触れることができる。

【目次】

はじめに
1 私が読んできた『感染小説』たち
2 19ジャンルにも分類できる「感染小説」のテーマ
3  「感染小説」、その概要とあらすじ、私的感想
4 短編小説、その概要と私的感想
5 私にとっての「感染小説」10選
6 『感染小説』をめぐる私の雑感
おわりに

内容紹介(「BOOK」データベースより)

人類最大の危機!パンデミックから身を守るすべはあるのかー復活の日、首都感染、火定など、感染症を題材とした小説の面白さを紹介しながら、現実世界の感染症対策も論じる一冊。

目次(「BOOK」データベースより)

1 私が読んできた「感染小説」たち/2 19ジャンルにも分類できる「感染小説」のテーマ/3 「感染小説」、その概要とあらすじ、私的感想/4 「感染小説」、その概要及び「短編小説」、その概要と私的感想/5 私にとっての「感染小説」10選/6 「感染小説」をめぐる私の雑感

著者情報(「BOOK」データベースより)

松下美高(マツシタヨシタカ)
兵庫県立高校で、32年間英語教諭として勤務。退職後、日本英語検定協会主催英語検定試験の実施委員を20年務める。現在、生野国際交流協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ