本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • Googleプレビュー
この商品は ポイント3倍!

オホーツク核要塞 歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事 (朝日新書943)
小泉悠

1,155(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2024年02月13日頃
  • 著者/編集:   小泉悠(著)
  • レーベル:   朝日新書943
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  384p
  • ISBN:  9784022952530

よく一緒に購入されている商品

  • オホーツク核要塞歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事(朝日新書943)[小泉悠]
  • +
  • 人類の終着点戦争、AI、ヒューマニティの未来(朝日新書944)[エマニュエル・トッド]
  • オホーツク核要塞 歴史と衛星画像で読み解くロシアの極東軍事 (朝日新書943)
  • 小泉悠

1,155円(税込)

在庫あり

990円(税込)

在庫あり

合計 2,145円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

日本の北方に、ロシアの「核要塞」が広がっているーー。

人知れず極東で進められているロシアの核戦略を、超人気軍事研究家がロシア軍内部資料と衛星画像インテリジェンスから明らかにする。

さらにウクライナ戦争と極東ロシア軍との関わり、日本のあるべき対ロ安全保障政策についても解説。

<目次>

はじめに 地政学の時代におけるオホーツク海  

要塞の城壁にてーP-3Cのいる空/逆さ地図の今昔/「聖域」としてのオホーツク海/地政学の逆襲/本書の構成とアプローチ/本書を読む上での基礎知識/「普通の潜水艦」と原子力潜水艦─SSBN、SSGN、SSN/核戦力の背骨としてのSSBN/ロシア軍の構成と兵力


第1章 オホーツク海はいかにして核の聖域となったか  

スターリン兵学をめぐって─日ソ陸上国境の消滅/終わり、そして続き/消耗戦略論と破壊戦略論/「軍事革命」とフルシチョフ政権期の核戦略論/冷戦下のソ連海軍─進まない海軍力の強化/SSBNの登場/米本土を狙え/667A型の配備と飛躍的に伸びる核攻撃能力/宿敵・SOSUS/新冷戦の悪夢─ゲーム・チェンジャーとしての667B型/氷の鎧の悪夢/RYaN作戦/デッド・ハンド/絶頂期に達するSSBN艦隊─冷戦期最後のSSBN:667BDR型/怪物の咆哮/二つの聖域/水中のスパイたち/地理と音から見る聖域─聖域の広さと深さ/気象の重要性/潜水艦長たちの苦闘/SOSUS対「ツェントル19」


第2章 要塞の城壁  

要塞の外堀─引き籠もり戦略/オケアン70演習/1974年という画期/日本メディアを賑わすソ連艦/海峡をこじ開ける/広がるソ連海軍の活動範囲─「オキナーワ、ナガサーキ!」 /第17作戦戦隊/パンツを何枚持って行くか/ソ連海軍のインド洋展開をめぐる謎/内堀としての千島列島─内堀の三つの機能/手薄だった内堀/北方領土へのソ連軍再配備/シムシル島:カルデラに建設された秘密潜水艦基地/静かなる「キロ」/要塞の眼・耳・神経─極東におけるレーダー覆域/ソ連版SOSUS/超長波通信システム/米海軍の目に映った要塞─ミラー・イメージ/要塞なんてあるのか?/要塞論争の決着/変化する日米の防衛戦略/A2/ADか能動防御か 


第3章 崩壊の瀬戸際で  

夢の終わり─放棄される日本海の聖域/「金も、名誉も、将来もない」街/崩れゆく城壁/原潜解体という難問/艦隊を支えるパトロンたち/困った時の神頼み/冷戦後のロシアと核抑止─核兵器依存の強まり/ドゥーギンの「縮小版超大国」論/ココーシンの聖域整理構想/核戦力をめぐる軍内部の暗闘/存亡の危機に立つオホーツク海の聖域ーセルゲーエフ=クワシニン論争の終わり/聖域を救った(?)プーチン/核軍縮で高まるSSBNの役割/難航、955型/老いゆく原潜艦隊


第4章 要塞の眺望  

復活─再び、海へ/大演習から読むロシアの極東戦争シナリオ/英雄たちの到来/太平洋艦隊SSBN部隊の将来像/掘り直される外堀/内堀をめぐる動き/カムチャッカに秘密工作潜水艦部隊が?/衛星画像で読み解くロシア原潜艦隊─ロシア原潜の根城を宇宙から覗く/「物騒な潜水艦基地」/核の弾薬庫/潜水艦の墓場/原子力潜水艦の活動状況を暴く─衛星画像の読み方/SSBNの行動パターン/訓練か?パトロールか?/カバーし合う(?)二つの艦隊/航行警報と公刊資料が明らかにする太平洋艦隊大演習の実像/ひっそりと行われる核抑止パトロール


第5章 聖域と日本の安全保障  

核戦略理論から見た現在のオホーツク要塞─「抑止の信憑性」をめぐる問題/三つのシナリオ/「裏マニュアル」は存在しない/核エスカレーションに関するロシアと米国の「認識」/聖域とウクライナ戦争/要塞の戦い方─揺らぐ「戦闘安定性」/柔らかな背後/オホーツク要塞の城壁とウクライナ戦争/「カリブル化」されるロシア海軍/日本の対ロシア戦略を考える─ロシアは日本のどこを叩くか/「感じの悪い未来図」/対露抑止力をどう構築するか


おわりに─縮小版過去を生きるロシア  

桜の園/アバチャ湾と東京湾/競合的共存


あとがき あるいは書くという行為について

内容紹介(「BOOK」データベースより)

どうなる北方領土ー?わが国の隣人が密やかに進める“核の聖域”の知られざる脅威に迫る!終わりの見えないウクライナ戦争。プーチンは「大国」への野望を捨てず、ロシアはオホーツク海でも軍備増強を図っている。極東の冷戦史を辿り、入手困難な資料と衛生画像を用いてこの海域をめぐる現況を緻密に分析し、日露関係の未来をあざやかに示す!

目次(「BOOK」データベースより)

はじめにー地政学の時代におけるオホーツク海/第1章 オホーツク海はいかにして核の聖域となったか(スターリン兵学をめぐってー日ソ陸上国境の消滅/終わり、そして続き ほか)/第2章 要塞の城壁(要塞の外堀ー引き篭もり戦略/オケアン70演習 ほか)/第3章 崩壊の瀬戸際で(夢の終わりー放棄される日本海の聖域/「金も、名誉も、将来もない」街 ほか)/第4章 要塞の眺望(復活ー再び、海へ/大演習から読むロシアの極東戦争シナリオ ほか)/第5章 聖域と日本の安全保障(核戦略理論から見た現在のオホーツク要塞ー「抑止の信憑性」をめぐる問題/三つのシナリオ ほか)/おわりにー縮小版過去を生きるロシア

著者情報(「BOOK」データベースより)

小泉悠(コイズミユウ)
1982年千葉県生まれ。早稲田大学社会科学部、同大学院政治学研究科修了。政治学修士。民間企業勤務、外務省専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所(IMEMO RAN)客員研究員、公益財団法人未来工学研究所特別研究員を経て、東京大学先端科学技術研究センター(グローバルセキュリティ・宗教分野)准教授。専門はロシアの軍事・安全保障(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.00

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    Telemadang
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2024年03月22日

    小泉悠氏らしい、軍事オタクの中でも特にディープな話題で構成されている一冊である。ここまで詳しいソ連極東地区の潜水艦の情勢について、どれ程の一般読者が正確に理解できるのだろうか、と思うほど細かく述べられている。

    0人が参考になったと回答

  • 意味なしレビュー
    らいちゃんぐ
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2024年02月08日

    発売、到着前なので期待しかない。このまま忘れたりして。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年04月08日 - 2024年04月14日)

     :第-位( - ) > 新書:第330位(↓) > その他:第105位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      世界は経営でできている
      世界は経営でできている

      岩尾 俊兵

      990円(税込)

    2. 2
      職場を腐らせる人たち
      職場を腐らせる人たち

      片田 珠美

      990円(税込)

    3. 3
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星

      水稀 しま

      880円(税込)

    4. 4
      犯罪心理学者は見た危ない子育て
      犯罪心理学者は見た危ない子育て

      出口保行

      990円(税込)

    5. 5
      老いた今だから
      老いた今だから

      丹羽 宇一郎

      1,034円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ