本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他
  • 新版知ってはいけない現代史の正体(SB新書)[馬渕睦夫]
  • 新版知ってはいけない現代史の正体(SB新書)[馬渕睦夫]
  • 新版知ってはいけない現代史の正体(SB新書)[馬渕睦夫]
新版知ってはいけない現代史の正体(SB新書)[馬渕睦夫]
  • Googleプレビュー
この商品は ポイント3倍!

新版 知ってはいけない現代史の正体 (SB新書)
馬渕睦夫

990(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

※本書は2019年5月に小社より刊行された『知ってはいけない現代史の正体』(SB新書)に、2020年以降の最新情報を、加筆・改筆・再編集したものです。

「誰が戦争を望み、利を得てきたか」
そこから、本当の歴史がみえてくる。
歴史は国際金融資本=グローバリストによって都合よく捻じ曲げられてきた!
世界の真の支配者が基盤を固めた100年程前までさかのぼり、混迷する現在まで。
第二次世界大戦から、ウクライナ戦争、イスラエル・ハマス戦争など最近のニュースも含めた新版。
元駐ウクライナ大使の著者が歴史の真相を明らかにします。

■国家に干渉できる権力を持つ機関の出現が国際連盟
■ニューディール政策の目的はアメリカ経済の社会主義化
■戦後処理の大枠を決めていたのはロンドンの銀行家
■ジョージ・マーシャルこそが中華人民共和国の生みの親
■東西冷戦は仕組まれたデキレースだった
■ネオコンはウクライナをロシア攻撃の前線基地にした
■ハマスの奇襲をイスラエルは知りつつわざと攻撃させた
ほか
序章 「偽りの歴史観」(フェイクヒストリー)とは
第一章 社会主義者に仕組まれた日米戦争 【1917年〜1941年】
第二章 国際金融勢力のための冷戦 【1941年〜1989年】
第三章 ネオコンという金融マフィアの暗躍【1990年〜2015年】
第四章 自国ファーストの逆襲 【2016年〜2019年】
第五章 グローバリズムvsナショナリズムの世界最終戦争【2020年〜】

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年04月08日 - 2024年04月14日)

     :第3617位(↑) > 新書:第96位(↑) > その他:第23位(↑)

  • 日別ランキング(2024年04月18日)

     :第-位( - ) > 新書:第655位(↓) > その他:第247位(↓)

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】なぜ働いていると本が読めなくなるのか
      【入荷予約】なぜ働いていると本が読めな…

      三宅 香帆

      1,100円(税込)

    2. 2
      世界は経営でできている
      世界は経営でできている

      岩尾 俊兵

      990円(税込)

    3. 3
      体験格差
      体験格差

      今井 悠介

      990円(税込)

    4. 4
      職場を腐らせる人たち
      職場を腐らせる人たち

      片田 珠美

      990円(税込)

    5. 5
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星
      名探偵コナン 100万ドルの五稜星

      水稀 しま

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ