本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他

テクノ・リバタリアン 世界を変える唯一の思想 (文春新書)
橘 玲

990(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2024年03月19日頃
  • 著者/編集:   橘 玲(著)
  • レーベル:   文春新書
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBN:  9784166614462

商品説明

内容紹介(出版社より)

そこは楽園か、ディストピアか?
シリコンバレーの天才たちが希求する「数学的に正しい統治」とは?

アメリカのIT企業家の資産総額は上位10数名だけで1兆ドルを超え、日本のGDPの25%にも達する。いまや国家に匹敵する莫大な富と強力なテクノロジーを独占する彼らは、「究極の自由」が約束された社会ーー既存の国家も民主主義も超越した、数学的に正しい統治ーーの実現を待ち望んでいる。
いわば「ハイテク自由至上主義」と呼べる哲学を信奉する彼らによって、今後の世界がどう変わりうるのか?

ハイテク分野で活躍する天才には、極端にシステム化された知能をもつ「ハイパー・システマイザー」が多い。彼らはきわめて高い数学的・論理的能力に恵まれているが、認知的共感力に乏しい。それゆえ、幼少時代に周囲になじめず、世界を敵対的なものだと捉えるようになってしまう。イノベーションで驚異的な能力を発揮する一方、他者への痛みを理解しない。テスラのイーロン・マスク、ペイパルの創業者のピーター・ティールなどはその代表格といえる。
社会とのアイデンティティ融合ができない彼らは、「テクノ・リバタリアニズム」を信奉するようになる。自由原理主義(リバタリアニズム)を、シリコンバレーで勃興するハイテクによって実現しようという思想である。
いわゆるリベラル層は、所得格差と富の偏在を不道徳とする傾向がある。だが、それは逆に言うと、「自由」を抑圧することになる。自由のない世界では、マスクやティールのような「とてつもなく賢い」人々は才能を殺され、富を簒奪されることになるからだ。
彼らは「テクノロジーによってすべての問題は解決できる」と考えている。AI、ゲノム編集技術を駆使して人類は不死を手に入れ、森羅万象を操る「ホモ・デウス」になれると確信する者も多い。
また彼らは、国家のような中央集権的な組織に依存せずとも暗号(クリプト)テクノロジーによって個人と個人をつなぎ、暗号資産をもってすべての信用決済が可能になる社会が到来するとも信じている。その行きつく先は、「暗号によって個人を国家のくびきから解放する」とする過激な無政府主義「クリプトアナキズム」である。
実際、クリプトアナキストのひとりは「反民主主義」を標榜し、「世界中の民主政治と称するものを、暗号化を利用して根底から揺るがしたい」と公言している。
「この惑星上の約40〜50億の人間は、去るべき運命にあります。暗号法は、残りの1%のための安全な世界を作り出そうとしているんです」(ティモシー・メイ)
ーーとてつもない富を獲得した、とてつもなく賢い人々は、いったいこの世界をどう変えようとしているのか? 衝撃の未来像が本書で明かされる。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

高い数学的能力をもつギフテッドがひしめくシリコンバレー。とてつもない富を手にしたとてつもなく賢いIT成功者たちは、「究極の自由」を求めて、既存の民主主義を超越する新たな政治思想を模索している。彼らはいかに世界を変えるのか?最先端テクノロジーに裏付けられた最先端思想の全貌を徹底解説!

目次(「BOOK」データベースより)

はじめに 世界を数学的に把握する者たち/0 4つの政治思想を30分で理解する/1 マスクとティール/2 クリプト・アナキズム/3 総督府功利主義/4 ネクストジェネレーション/X 世界の根本法則と人類の未来/あとがき 「自由」を恐れ、「合理性」を憎む日本人

著者情報(「BOOK」データベースより)

橘玲(タチバナアキラ)
1959年生まれ。作家。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。2006年、『永遠の旅行者』が第19回山本周五郎賞候補作となる。2017年、『言ってはいけない 残酷すぎる真実』で新書大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(23件)

総合評価
 4.14

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    パパまっきー
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2024年05月12日

    初めてこの類の考え方に触れた為、少し理解するのが難しかった。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    切った張った
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2024年05月06日

    雑誌や新聞などで断片的に語られている異能の人たちの姿がその思想まで明らかにされている今日的な内容と思います。彼らが民主主義に懐疑的、功利主義に傾倒してるさまは、現象的には中国共産党の進めている社会構築と紙一重のような気がしますが、そこには何か通底するものがあるのかもしれません。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2024年07月01日 - 2024年07月07日)

     :第4554位(↑) > 新書:第138位(↑) > その他:第33位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ