本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > スポーツ > サッカー
  • 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか[田崎健太]
  • 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか[田崎健太]
  • 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか[田崎健太]
  • 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか[田崎健太]
  • 横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか[田崎健太]
横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか[田崎健太]
  • Googleプレビュー
この商品は ポイント3倍!

横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか
田崎健太

2位 サッカー部門 楽天ブックス週間ランキング(2024年05月20日-2024年05月26日)ランキングを見る

2,970(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2024年04月09日頃
  • 著者/編集:   田崎健太(著)
  • 出版社:   カンゼン
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  400p
  • ISBN:  9784862556820

商品説明

内容紹介(出版社より)

「いつまで選手たちに黙っている気ですか?」
「このままでは危ない。チームが潰れるぞ」

関係者が初証言、Jリーグ31年目にして明かされる”真実”



日本サッカー界の「汚点」--
クラブ消滅の伏線だった「全日空SCボイコット事件」の真相。
日本で最初に本物のクラブチームとなる可能性があった「フリューゲルス」を潰したのは誰だったのか。



(目次)
プロローグ

第1章
最初の「汚点」--全日空SCボイコット事件
1964-1986

第2章
日本リーグの・アウトサイダー・から「オリジナル10」へ
1987-1992

第3章
ブラジル人トリオ獲得の「裏側」
1993-1994

第4章
「家族的」なクラブの限界
1995-1997

第5章
緩みの象徴「タクシーチケット」
1997-1998

第6章
「ボイコットだけは阻止しなければならない」
1998

第7章
怒りと悲しみを心の底に埋めた男たち
1999

あとがき

内容紹介(「BOOK」データベースより)

日本サッカー界の「二つの汚点」-クラブ消滅の伏線となる「全日空SCボイコット事件」の真相。日本で最初に本物のクラブチームとなる可能性があった「フリューゲルス」を潰したのは誰だったのか。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 最初の「汚点」 全日空SCボイコット事件ー1964-1986/第2章 日本リーグの“アウトサイダー”から「オリジナル10」へー1987-1992/第3章 ブラジル人トリオ獲得の「裏側」-1993-1994/第4章 「家族的」なクラブの限界ー1995-1997/第5章 緩みの象徴「タクシーチケット」-1997-1998/「ボイコットだけは阻止しなければならない」-1998/第7章 怒りと悲しみを心の底に埋めた男たちー1999

著者情報(「BOOK」データベースより)

田崎健太(タザキケンタ)
1968年3月13日京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社。主な著書に『球童 伊良部秀輝伝』(講談社 ミズノスポーツライター賞優秀賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ