本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 医学・薬学・看護学・歯科学 > 基礎医学 > 生理学

一生頭がよくなり続ける もっとすごい脳の使い方
加藤俊徳

1位 基礎医学部門 楽天ブックス日別ランキング(2024年06月16日)ランキングを見る

1,650(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2024年05月22日頃
  • 著者/編集:   加藤俊徳(著)
  • 出版社:   サンマーク出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  272p
  • ISBN:  9784763141392

よく一緒に購入されている商品

  • 一生頭がよくなり続けるもっとすごい脳の使い方[加藤俊徳]
  • +
  • 一生頭がよくなり続けるすごい脳の使い方[加藤俊徳]
  • 一生頭がよくなり続ける もっとすごい脳の使い方
  • 加藤俊徳

1,650円(税込)

在庫あり

1,540円(税込)

在庫あり

合計 3,190円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

ベストセラー待望の第二弾!

【大人の勉強をはじめる前に読んでください】



「やる気はあるのになぜか勉強が続かない」

「頑張って勉強しているのに結果が出ない」

これは脳の準備運動不足&基礎体力のなさが原因!


脳がフル回転して、

ここぞというときに力を発揮できる脳力を

この一冊で身につけられます。


↓こんな悩みがある大人こそ、脳力をアップできます。

□ 最近ド忘れが増えてきた

□ 最初だけはやる気いっぱい、でもいつの間にか三日坊主

□ 自分なりに頑張っているつもりだけど結果が出ない

□ 新しい知識をすぐに理解して使いこなせるようになりたい

□ 今年こそ資格試験に合格したい


今より“もっとすごい脳”を手に入れられたら、

自分の人生にもっと欲張りになれます。


頑張った分の結果が必ずついてくるようになります。

新しい知識もどんどん吸収して、応用できるようになります。

ずっとやりたかったことを最後までやり切れる人になれます。



脳科学に基づいた脳の記憶力・理解力・注意力・集中力を底上げする方法を紹介。

試験や仕事で結果が出せる“もっとすごい脳”が手に入ります!


(目次より)

序章 基礎体力がないマズい脳の状態とは

1章 一生頭がよくなり続ける脳のすごい準備運動

2章 他人と差をつける大人のすごい勉強法

3章 大人が試験に合格するためのすごい勉強計画

4章 脳の基礎体力を上げ続けるすごい習慣術

巻末付録 中年の脳を活性化させる 脳番地トレーニング法


加藤俊徳(かとう・としのり)

脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。株式会社脳の学校代表。

昭和大学客員教授。脳科学・MRI脳画像診断の専門家。脳番地トレーニング、脳活性助詞強調音読法を提唱・開発・普及。14歳のときに「脳を鍛える方法」を求めて医学部への進学を決意。1991年に、現在、世界700カ所以上の施設で使われる脳活動計測fNIRS(エフニルス)法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病やMRI脳画像の研究に従事。ADHD、コミュニケーション障害など発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。現在、独自開発した加藤式MRI脳画像診断法(脳相診断)を用いて、小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。脳の成長段階、強み弱みの脳番地を診断し、薬だけに頼らない脳番地トレーニング処方を行う。著書に、『脳の強化書』(あさ出版)、『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き』(ダイヤモンド社)、『一生頭がよくなり続ける すごい脳の使い方』(小社)など多数。


内容紹介(「BOOK」データベースより)

やりたくて始めた勉強なのに三日坊主?それ、脳の基礎体力足りてないんじゃない?ずっとやりたかったことを最後までやりきる。頑張った分の結果が必ずついてくる。新しい知識をどんどん及収して応用できる。大人は脳をコントロールすることで思い描いた理想の自分になれるんだそうです。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 基礎体力がないマズい脳の状態とは(「やろうと決めたことをやれない」人の脳の状態とは/勉強を始める前に脳の準備運動をしよう/脳を自家発電でできるようになると集中力、理解力、注意力、記憶力がアップ)/1章 一生頭がよくなり続ける脳のすごい準備運動(そもそも脳番地はどのようにして連携を取っているのか/もっとすごい脳への鍵となる“ファイアリング”って何? ほか)/2章 他人と差をつける大人のすごい勉強法(どうして大人脳ではド忘れが増えてしまうのか/長期記憶・短期記憶・ワーキングメモリ、3つの記憶システムの違いとは ほか)/3章 大人が試験に合格するためのすごい勉強計画(自分の現在地を可視化することが脳のガソリンになる/飽き性な脳のために100日単位でスケジュールを立てる ほか)/4章 脳の基礎体力を上げ続けるすごい習慣術(“自称夜型”は危険!費やした時間分のリターンを得る方法/脳番地の社長である思考系は睡眠でしか休めない ほか)/中年の脳を活性化させる脳番地トレーニング法

著者情報(「BOOK」データベースより)

加藤俊徳(カトウトシノリ)
脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。株式会社脳の学校代表。昭和大学客員教授。脳科学・MRI脳画像診断の専門家。脳番地トレーニング、脳活性助詞強調音読法を提唱・開発・普及。14歳のときに「脳を鍛える方法」を求めて医学部への進学を決意。1991年に、現在、世界700カ所以上の施設で使われる脳活動計測fNIRS(エフニルス)法を発見。1995年から2001年まで米ミネソタ大学放射線科でアルツハイマー病やMRI脳画像の研究に従事。ADHD、コミュニケーション障害など発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。現在、独自開発した加藤式MRI脳画像診断法(脳相診断)を用いて、小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。薬だけに頼らない治療と能番地トレーニング処方を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:医学・薬学・看護学・歯科学

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ