本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会
  • 闇祓(角川文庫)[辻村深月]
  • 闇祓(角川文庫)[辻村深月]
  • 闇祓(角川文庫)[辻村深月]
  • 闇祓(角川文庫)[辻村深月]
闇祓(角川文庫)[辻村深月]
  • Googleプレビュー

闇祓 (角川文庫)
辻村 深月

968(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2024年06月13日
  • 著者/編集:   辻村 深月(著)
  • シリーズ:   闇祓
  • レーベル:   角川文庫
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  480p
  • ISBN:  9784041147320

よく一緒に購入されている商品

  • 闇祓(角川文庫)[辻村深月]
  • +
  • 黒牢城(角川文庫)[米澤穂信]
  • 闇祓 (角川文庫)
  • 辻村 深月

968円(税込)

在庫あり

1,056円(税込)

在庫あり

合計 2,024円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

転校生の白石要は、少し不思議な青年だった。背は高いが、髪はボサボサでどこを見ているかよくわからない。優等生の澪は、クラスになじめない要に気を遣ってこわごわ話しかけ徐々に距離を縮めるものの、唐突に返ってきた要のリアクションは「今日、家に行っていい?」だったーー。この転校生は何かがおかしい。身の危険を感じた澪は憧れの先輩、神原一太に助けを求めるがーー。学校で、会社で、団地で、身の周りにいるちょっとおかしな人。みんなの調子を狂わせるような、人の心に悪意を吹き込むような。それはひょっとしたら「闇ハラ=闇ハラスメント」かもしれない。「あの一家」が来ると、みんながおかしくなり、人が死ぬ。だから、闇は「祓わなくては」ならないーー。辻村深月が満を持して解き放つ、本格長編ホラーミステリ!
目 次
第一章 転校生
第二章 隣人
第三章 同僚
第四章 班長
最終章 家族
エピローグ
解説 朝宮運河

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      よって件のごとし 三島屋変調百物語八之続(8)
      よって件のごとし 三島屋変調百物語八之…

      宮部 みゆき

      1,056円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    3. 3
      黒牢城
      黒牢城

      米澤 穂信

      1,056円(税込)

    4. 4
      【予約】探花
      【予約】探花

      今野 敏

      825円(税込)

    5. 5
      モノノ怪 鬼
      モノノ怪 鬼

      仁木 英之

      770円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ